カテゴリー「旅行・地域」の記事

2008/09/19

栃木小旅行

ありがたくも忙しい日々が続いています。
これから10月末まで、30分物を約2日で1本のペースです。
ヒヨッコの私にとっては、なかなかキツい・・・

しかもしゃべりまくり!!超早口!!
みんなで同時にしゃべらないでくれ~~

まあそんな毎日ですが、先日久々に休息をとりました。
昼間めいっぱい仕事をした後、大学時代の仲間と飲みにbeer
夏休みも取れなかったし、
どっか行きたいな~という気持ちがつのり、
現在栃木在住の、共通の友人にTEL。

「ねえ、そっち行くからいろいろ案内して~。ついでに泊めて♪」
「いいよ!」

その場にいた皆に、
「ねえ、再来週旅行行こうよ」
「いいよ!」

このフットワークの軽さが大好きです。

そんなこんなで、5人の小旅行が決定shine
思いきり充電してきたのでした。

大自然を堪能して、美味しい物をいっぱい食べて。
栃木のK君がいろいろお膳立てしてくれたおかげで、
気軽に旅立った私たちには贅沢な旅行でした。
一部だけ写真のせておきます~。

20965043_3599609878

お蕎麦を食べたお店の周りの景色です。
お蕎麦も最高に美味しかったけど、緑が綺麗~~。
しばらくのんびりしてました。

20965043_851688185

身じろぎもしなかったカエルくん。
葉っぱでつついたら、川に飛び込んで行きました。
泳ぎがうまい!!

20965043_1255261126

かの「華厳の滝」です。
いつ来ても心が洗われます。
3回目かな?

20965043_4126802978

宇都宮といえば「ギョーザ」しか浮かばない私たちに
美味しいソースかつ丼を食べさせてくれました☆
甘いソースにひたしたカツが、とっても美味しかった。

20965043_532405423

ワイナリー見学にも連れて行ってもらいました!
愛情をこめて作られたワインたちを、最後に試飲。
きれいに飲みほしてきましたよbar
ちょっと酔っ払っちゃいました。

20965043_2957030831

ぶどう畑も壮観でした~。

まだまだ、いろんな所に行ったんですけど
ほんと楽しかったです。

昼間もずっとしゃべって、夜も3時すぎまで飲んでしゃべって・・・
帰ってきたら声がガラガラでした(笑)

みんな、もう15年来の付き合いになるんです。
信じられないけど・・・もうそんなに経つのかぁ。

何でも話せて、つらい時には何かと気にかけてくれて、
感謝してもしきれない友人たちです。

また飲みに付き合ってもらうぞ~~smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/13

NY旅行記:Part7

B&Bのオーナーがおっしゃった通り、
昼ごろから雨は、やみ始めました。

美術館など回るには時間が足りなそうだったので、
ぶらぶらと町歩きをすることに。

一日観光でも訪れたグラウンド・ゼロに、あらためて行ってきました。
フェンスの周りには、犠牲者の方々の名前が刻まれています。
フェンスの向こうでは、新たなビルの建設が進められています。
ここには、対照的な人々の姿がありました。
熱心に写真を撮る観光客と、
沈痛な面持ちの人々、中には泣きながらプレートを見上げる人も。

さすがにフェンス周辺で写真を撮ることにためらいがあり、
道を渡ったところで、復興を祈りながらシャッターを押しました。

Dscf0330

そして、この近くにある「Century21」というショッピングモールで
ウィンドウショッピング。
ここは、有名ブランド品が
信じられないくらい安値で置いてあります。
さすがにすごい人込みでした。
ブランドにあまり興味がなく、人込みが苦手な私は早々に退散。

Dscf0332

歩き回っていたらCity Hall(市役所)がありました。
まるでお城みたいです。

この日の夜は、お目当てのバーガーショップがありました。
その名も「バーガー・ジョイント」。
ル・パーカー・メリディアンホテル内にあります。
カーネギーホールの近くです。
絶賛の声をたくさん聞いていたので、是非食べたい!

場所が分かりにくいと聞いていたので、
しっかり下調べしていきました。

ホテルに入って、フロントの横をのぞくと入り口が・・・

Dscf0338

わ、分かりにくい!確かに。
店名なんて書いてないし(^-^;)
この写真はフラッシュたいてますけど、実際はすごく薄暗いのです。

店内は、ホテルとは思えないほど、
オールド・アメリカンな感じで良い雰囲気でした。

Dscf0336

Dscf0335

メニューはハンバーガーとチーズバーガー。
注文を受けてからお肉を焼いてくれます。
「レア」「ミディアム」「ウェルダン」も聞いてくれます。
名前を伝えてしばし待つと、呼ばれました~。

Dscf0333

写真が暗くてすみません。
ま、ムーディーってことで(^-^)゛
ジューシーでとっても美味しかったです~。
お会計は、1人$10くらいだったと思います。

この後は、腹ごなしを兼ねてタイムズスクエアまで歩くことに。
いろんなお店にちょこちょこ入りながら。

そして、また夜はミュージカルです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/12

NY旅行記:Part6

さて、2日目。
厳密に予定を決めていたわけではないのですが、
この日はセントラルパーク周辺に行こうかな~と思っていました。

しかし、朝からあいにくの雨・・・
どうしようか、と朝食の席で相談していると
他の宿泊客の女性が
「近所に美味しいシーフードのお店があるんですけど
一緒にどうですか?」
と誘ってくださいました。
オーナーも「午後には雨もやみますよ」と。

お言葉に甘えて、シーフード・ランチです。
ブルックリンにあるお店でした。
マンハッタンに比べると、閑静な町並みです。

Dscf0319

Dscf0320

お店はこちら。

Dscf0321

メニュー。

Dscf0324

Dscf0323

生ガキ。
これはお代わりした分なので、かなり食べました~。
薬味にケチャップがあったのが、意外だけど美味しかったです。
生臭さがすっかり消える感じでした。
他にカキフライも食べましたが、そちらも絶品~。

Dscf0325

「ロブスター・ロール」という名物メニューです。
ぷりぷりしたロブスターが、本当に美味しかった♪
つけ合わせのサラダは、
何も言わないとフライドポテトが出てくるそうです。

Dscf0326

魚の香草焼き。
何の魚だったか、忘れちゃいました・・・(^-^;)
もちろん、これも美味しかったですよ。

店員さんもすごくお茶目な人で、楽しいひとときを過ごしました。
こんな風に出会った人とランチを楽しむことも、
普通のホテルに泊まってたら経験できなかっただろうなぁ。

このランチは、滞在中、一番贅沢な食事となりました!
ああ、今でも思い出すとよだれが出そうです。

帰りは、スーパーでジュースやお菓子を買い込みました。
異国のスーパーは本当に楽しいです。

Dscf0327

ゆっくり食事をとっていたら14時か15時くらいになってました。
午後の行動は、また続きで・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/11

NY旅行記:Part5

やっと仕事も一段落しましたので、再開です。

Dscf0304

ブロードウェイの「ライオンキング」。
これは今でも入手困難なチケットです。
日本で、かなり早めに押さえていきました。

ロングランの作品で、
ずっとNew Amsterdam Theatreで上演されていました。
立地も良いNew Amsterdam Theatreは、
「ライオンキング」のために改装された劇場でした。

ところが最近、Miskoff Theatreに移されました。
もう劇場の立地に頼らなくても十分な集客ができる・・・とのこと。
現在New Amsterdam Theatreにかけられているのは
「メリー・ポピンズ」です。
ディズニーが期待をかけた舞台だということが伺えます。

初ブロードウェイにドキドキしながら、まずはチケット受け取り。
日本から申込はしていたものの、チケットの受け取りは現地です。
(e-ticketの場合は、そのまま入れます)

購入済みの場合は「Reservation」と書いてある窓口に行き、
日本で受け取った購入確認メールをプリントアウトしたものを
窓口に出します。
最初、窓口が分かれていることに気付かなかったのですが
係員の方が親切に教えてくれました。
窓口では・・・

「Pick up, please」
「Your last name?」
「Ucchy.」

これだけです。
身分証やカードの提示など、何も要りませんでした。
チケット購入の代行を頼むのはもったいないくらい、簡単です。
(代行を頼むと大体$15くらいかかります)
是非チャレンジしてみてください。

劇場に入ると、もぎりの係員に指示されます。
「Go straight.」とか「Left door.」とか。
早口なので聞き取れないこともありましたが、
とにかく中に入ります。

立派な劇場で、壁にはこんな飾りも・・・

Dscf0311

ここで日本の劇場と違うのは、自分で席を探さないということ。
ブロック毎に係員がいて、チケットを見せると誘導してくれます。
自分の席に知らない人が座ってしまった場合でも、
「違う人が座ってるんですが・・・」と係員に言うと
すぐに対応してくれました。

そこでPlaybillを手渡されます。

Dscf0809

ここにはキャストの一覧と、簡単なあらすじ等が載っています。
そして間にはさまれた紙には、
その日のキャスト変更が載っています。
どうせならメインキャストで観てみたいな・・・と思っていたので
今回はすべて夜の回(ソワレ)にしました。
昼の回(マチネ)は、代役が使われることが多いようです。

Dscf0810

初めての時は、入場して席に着くだけでもドキドキでした。
でも、一度やってしまえばへっちゃら!です。
次の日からは私もakkyも、でかい態度で歩いてましたよ。

さて肝心の舞台ですが・・・

オープニングから、あまりの迫力に涙が出て来ました。
シンバが生まれるシーン。
「サークル・オブ・ライフ」。

アニメを観て、一体これをどう舞台にするのかと思っていましたが、
すごい。すごかったです。
あのスケールを小さな舞台で見せるための発想もすごいし、
役者の動きや歌唱力のクオリティもすごい。

例えばヌーの大群が押し寄せるシーンなんかも、
見事に再現されていました。
シンバが大人になる瞬間も良かったなぁ。

驚きの演出の連続です。

日本でも結構、舞台は観ているのですが
やっぱり声量が全然違うんです。
それは普段から歌手なんかを見ていても思うことですけど、
かなわないよなーと思ってしまいます。

とにかく、大感動のブロードウェイ初日でした。
もちろん最後は、観客総立ちで
スタンディング・オベーションでした。

終演後の出口周辺です。
大勢で共有する興奮って、大好きです。

Dscf0312

ソワレはほとんどが20時開始で、大体23時終演。
各劇場から一斉に人々が出てきます。
帰りは深夜の地下鉄になるので不安でしたが、
練習のかいもあり(笑)、
まったく危険を感じることなく帰り着きました。
ブロードウェイ終演直後は大勢の人が帰途につくので、
寄り道せずにそのまま人の波に乗るのが良さそうです。

宿に着いたら、軽く水割りで乾杯。
あっという間に眠りについた2人でした。

ふぅ。
やっと1日目終了です。
2日目からはもっとサクサク進む・・・はずです(^-^)゛

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/03

NY旅行記:Part4

一日観光終了後、タイムズスクエア周辺で降ろしてもらいました。
タイムズスクエアとは、
ブロードウェイの劇場などが密集している繁華街。
「スパイダーマン」でMJが住んでいるのもこの辺りっぽいです。
深夜にロケをしていたと聞きました。
(一体家賃はいくらなんだ・・・と、
「スパイダーマン3」を再度見て考えてしまいました!)

この日もミュージカルの予定を入れていたので、
そのまま待機しても良かったのですが、
帰りが深夜になるので一度地下鉄に慣れておきたいな・・・と
練習してみることにしました。
まるで「はじめてのおつかい」ですね(^-^;)

Dscf0359

下が「メトロカード」。
1日乗り放題、7日間乗り放題、30日乗り放題などがあります。
1回の乗車は一律$2。
1日乗り放題で$7、7日間乗り放題で$24でしたから
かなりお得です。
自動券売機で、クレジットカードで購入できます。

Dscf0721

地下鉄の出口・入り口はこんな感じ。
メトロカードをリーダーに通して、この鉄柵を押します。
なかなか重い!
日本に比べると地下鉄はかなり古いままで、アナログでした。
ちなみにNYの地下鉄は24時間運行しています。

Dscf0309

Dscf0380

地下鉄のホームにて。

Dscf0384

車内の様子。
日本みたいにフカフカの椅子じゃありません。
吊革も、網棚もありません。

Dscf0386

優先席は、ちゃんとありました!

タイムズスクエア→宿泊先(ブルックリン)まで地下鉄で移動し、
またタイムズスクエアに戻ってくることに。
少し迷ったものの、すぐに慣れました。
路線図の持ち歩きは必須ですが・・・。
目的地が北(Uptown方面)か南(Downtown方面)か、
しっかり把握しておけば大丈夫だなーと思いました。

あらゆる国籍の人々が暮らしているNY。
日本人の私たちが電車に乗り込んでも、
じろじろ見られたりすることはないです。
居心地が良かったのは、その辺に理由がある気がします。

地下鉄の練習が終わったら街歩き!
ああ、NYだ~と歩くだけでワクワク、楽しくなってきます。

Dscf0299

Dscf0300

ミュージカルや映画の巨大な看板があちこちに。
胸が高鳴ります。

Dscf0306

タイムズスクエアの地下鉄の入り口はこんな感じでした。
通常より派手な仕様です(笑)。

ひとしきり、タイムズスクエアを歩き回って、
いよいよミュージカルの時間が近づいてきました。
この日の演目は「ライオン・キング」です!


まだ続きます(^o^;)
なんだか、1日目がやけに長いですね・・・。
まとめ下手ですみません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/02

NY旅行記:Part3

さて、「マンハッタン&ブルックリン1日観光」の続きです。

お昼はブルックリンのカフェでフリータイム。
サンドイッチを頼みましたが、待てど暮らせど出て来ない。
店員さんに「もう30分も待ってるんだけど」と、
頑張って抗議したりもしました。
結局、40分くらい待たされたかな。
美味しかったけど、大きくて食べきれなかったです。

Dscf0284

Dscf0285

宿泊していたB&Bからもほど近い、
ブルックリンハイツ・プロムナード(散歩道)。
川の向こうにマンハッタンを一望できます。

Dscf0287

なんだか、こうして眺めるマンハッタンは不思議な感じでした。
見た目はまるで積み木かおもちゃみたい。
小さな島にあらゆるものがギュッと詰まっていて、
ものすごいエネルギーを発しているんです。
人間って、こんなものを作っちゃうんだな・・・と感慨深くなったり。

Dscf0292

このプロムナードは、すごく気持ちよかったです。
ベンチもたくさん並んでいて、読書している人もいました。
こんな場所が近所にあったらいいなぁ!

NYの緑の多さ、そしてベンチの多さには驚きました。
東京だと、座る場所を探すにも一苦労だったりしますけど
そういうことは一度もなかったです。
あ、あとごみ箱の多さ!
ごみを捨てたいと思うと、かならず近くにごみ箱がありました。
見習いたい街づくりです。

一通り案内をしてもらって、午後4時ごろに観光終了。

マンハッタンの渋滞はすごかったなぁ。
運転は荒いし、路駐はすごいし、クラクションばかり鳴ってるし。
移動は地下鉄が一番快適!
その辺は東京と同じですね。

地下鉄にはすごくお世話になったのですが、
時間通りに来ることはまずない、とのことで(^-^;)
毎日、気長に待ってました。
日本の電車ってすごいんだなーと思います。
数分の遅れで乗客からクレームが出る日本の電車を知ったら、
アメリカ人はびっくりするんじゃないだろうか。

あと、地下鉄構内は常に蒸し暑かったです。
車内は寒いくらい冷房がきいてるんですけど。

そんなこんなで、4時からは自分たちで行動開始しました。
まずは、7日間地下鉄乗り放題のメトロカードを購入。
事前に予習してあったのですんなり買えました。
(今回の私は、まるで添乗員並みに活躍したのです!)

まだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/01

NY旅行記:Part2

毎朝、B&Bの美味しい朝食が待っていました。
手づくりのパスタサラダやラビオリ、サンドイッチ、フレンチトースト等。
野菜たっぷりのメニューはとてもヘルシーで、
1日たりともメニューが重なったことはありませんでした。

なごやかに話すダイニングにカメラを持ち込むのも野暮かなーと
写真を撮っていなかったのが、今さらながら悔やまれます。
他のお客さんともいろいろと情報交換できて、
オーナーからも毎日アドバイスをいただき、
美味しく充実した朝食タイムでした。

さて、NY2日目は「マンハッタン&ブルックリン1日観光」。
見どころが多い上に地理感覚が全くないので、
迷った末に1日だけツアーを申し込みました。

結果としては、大正解だったと思います。
自分たちの足だけでは、きっと回りきれなかったであろう場所まで
色々と見ることができました。

Dscf0254

国連本部前にて。
世界各国の旗が壮観でした。
手前がakky。

Dscf0264

ジョン・レノンが住んでいたダコタ・アパート。

Dscf0266

ジョン・レノンは、この玄関で撃たれました。
オノ・ヨーコさんは今もここを拠点にしているそうです。

Dscf0268

ダコタ・アパートから歩いてすぐ、
セントラルパークの一角にあるストロベリーフィールド。
「IMAGINE」と刻まれています。

Dscf0269

今も、ジョン・レノンのファンが訪れ続けています。
この日も、泣きじゃくっているファンを見かけました。

Dscf0272

第18代アメリカ大統領、グラント将軍の墓。
中には夫人と並んで、大きな棺が据えられていました。

Dscf0275

外側に非常階段が付いたアパートが、とても多いです。
映画でもよく見ますが、これは泥棒にも入られやすいとのこと。
しかし古い建物だと、消防法に対応するためには
このような形で階段を付けるしかないそうです。

Dscf0276

ハーレムにある「アポロ・シアター」。
「ドリームガールズ」の冒頭も、ここが舞台。
アマチュア・ナイトで有名です。
時間があればアマチュア・ナイトを見てみたかった~。
ハーレムも、目抜き通りはすっかり観光地化していて、
危険な雰囲気はまったくありませんでした。
(とはいえ、安心しすぎは良くないと思いますが)

Dscf0277

メトロポリタン美術館。
後日、ゆっくり訪れます!

長くなってきたので、いったんこの辺で・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/30

NY旅行記:Part1

6月18日、8泊10日のNY旅行に出発しました。
初めてのアメリカ。
フライト時間は約13時間。
ワクワクもあり、不安もありで、飛行機では一睡もできず。

私ってこんなにデリケートだったっけ?
と思いつつ、長いフライトを終えました。
今回の飛行機はコンチネンタル航空。
噂には聞いていましたが、あまりサービスはよくありません。
安さで選んだから別に良いのですが、
入国カードの書き方が分からないおじいさんが
客室乗務員に怒られていたのが可哀想でした。
「すみません、これよく分からないんですけどねぇ」
「とりあえず書いてもらわなきゃ、何も教えられないですよ!」

キレ気味の乗務員にびっくり。(日本人ですよ)
「いや、その書き方が・・・」
「いいから書いてください」
はあ・・・国内線ではありえない光景。

そんなこんなで、夕刻に無事到着。

ニューアーク空港から宿泊先への送迎は、事前に頼んでありました。
(NYの空港は、JFK空港の他に
ラガーディア空港とニューアーク空港があります)
初めての土地なので、これは正解でした。
タクシーと値段もそんなに変わらなかったし。

1時間もかからず、すんなり宿泊先のブルックリンへ。
マンハッタンまでは地下鉄で15分~20分のところ。
にぎやかなマンハッタンに比べ、閑静な住宅地です。
今回宿泊するのは日本人オーナーのB&B。
ホテルとは違って、住んでいる感覚が味わいたいなーと
選んだ宿でした。
オーナーさんが本当に親切な方で、
出発前からメールのやりとりで色んな事を教えていただきました。

一瞬見過ごしてしまいそうな入り口に到着。
わー、よく映画で見るアパートみたい!と興奮する私。

Dscf0251

この辺りは美観地区になっていて、
建物自体も築150年近い歴史あるものとのこと。
確かに古いのですが、なんとも味があります。
さらに、画家であるオーナーのセンスが抜群なので
インテリアもすごく素敵!

Dscf0245_2

Dscf0246_1

Dscf0248

これからの日々に胸をわくわくさせながら、
少し近所を散策してみることにしました。
歩いて少しのところにデリ(コンビニのようなもの)があり、
24時間営業のスーパー「Pathmark」もありました。
地下鉄の駅「Atrantic Avenue」も歩いて5分もかからないし。
便利!

とりあえず水を買って、
睡眠不足だったためおとなしく休むことにしました。

明日は個人ツアーの「一日観光」を入れてあるので
体力回復しなければ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/28

無事帰国&スペシャル体験!

8泊10日のニューヨーク旅行から、無事戻ってまいりました~。

あまりにも濃厚な時間を過ごしてきたので、
なんだかまだ胸がいっぱいです。

少しずつ旅行記を書きたいと思っていますが、
ありがたいことに帰国直後から字幕の仕事が入っています。
合間を見て、ちょっとずつ更新できたらと思っています。

いろんな意味で予想を裏切られる旅行でした。
自分は、結構アメリカに怖いイメージを抱いていたんだと再確認。
思った以上に治安は良く、人々は優しくて。
道端で地図をのぞくと「道案内しましょうか?」と声をかけてくれたり。
地下鉄でも乗り換えについて丁寧に教えてくれたり。

道端でちょっとぶつかると「Sorry.」。
前を通るときは「Excuse me.」。
買い物をしても道を聞いても、最後は「Have a nice day!」。
こちらも笑顔で「Thank you!」。

当たり前のことなのかもしれませんが、
東京では味わえない温かさがNYにはありました。
住んでみたらまた違うのかもしれませんが、
少なくとも旅行者にはとても優しい街です。
タイ、オーストラリアに続いて3度目の海外でしたが、
ダントツで居心地の良い街でした。

たくさん歩き回ったけれど、まだまだ見たいところもたくさんあって、
本当に見どころの多い街。
エンターテインメントやアートに興味がある人なら、
いくら時間があっても足りないと思います。

そして何といってもスペシャルな経験は・・・

なんと!
ぶらりと入ったセントラルパークで、映画の撮影中だったんです!!
カメラなどがセッティングされていたので
「まさか・・・」と見守っていました。

スタッフが「This is picture・・・」とか「shooting」とか、
叫んでいるのが聞こえてきて。
ああ、本当に映画の撮影らしい、と思って見ていると
周囲の人々が「・・・Eddie Murphy・・・」とか
つぶやいているではないですか。

それって希望的観測?
まさかね~、と思って見ていると。

目の前にエディ・マーフィーが!!
数メートル先を歩いてる!!!
どひゃ~~~!!!

思わず、ずーっと撮影を見学してしまった私とakkyでした。

ロープなんて張らずに、普通に撮影してるんですよ。
そして、それでパニックにもならない。
人はパラパラと集まってくるけど、黒山の人だかりでもなく。
たぶん、一番興奮してたのって私とakkyだったかも(^-^;)
2人とも、頑張って平静を装っていましたが(笑)。
ニューヨーカーは慣れているのか、クールなものでした。

写真はOKで、フラッシュだけは禁止とのことだったので、
撮りまくってしまいました。

Dscf0468

Dscf0458

akkyが勇気を出して、映画のタイトルをスタッフに尋ねていました。
その時はよく聞き取れなかったのですが、
発音の記憶を頼りに調べたところ、
たぶん「Starship Dave」という作品だと思われます。

・・・と、ちょっと興奮してしまいましたが。
とってもスペシャルな旅行となりましたo(^-^)o

写真を今チェックしたところ、約500枚でした。
うーん、整理するのも大変・・・。
でも、頑張って少しでも旅行記を残したいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/06/13

NY旅行準備:その3 <チケット関係お得情報>

NY行きが近づいてきました!
来週の月曜日出発です。
仕事も一段落したので、また色々と準備の続きを始めました。

あまり、きっちりとスケジュールを決めるのは好きじゃないので、
一日のメインを1つか2つ決めたら、
あとは気ままに歩きたいな~と思っています。
ただし外せないのはブロードウェイ!
夜は毎日、ミュージカル鑑賞の予定です。
きゃ~楽しみo(^-^)o

チケットも取りました。
夜の予定は、こんな感じです。

6月19日 「ライオンキング」
6月20日 「シカゴ」
6月21日 「オペラ座の怪人」
6月22日 「メリー・ポピンズ」
6月23日 「美女と野獣」
6月24日 「レント」

帰国前日となる25日の夜は、ジャズクラブに行く予定。
宿泊先のオーナーお勧めの「Dizzy's Club」という所です。

ミュージカルはどれもこれも馴染み深いものばかり。
あらかじめ予習できるものを中心に選びました(^-^)゛
これだけ観るとなるとかなり費用もかさむように思われますが、
色々と割引があるのですよ~。
人気の「ライオンキング」「メリー・ポピンズ」などは無理ですが、
他は30~50%引きで購入しました。

http://bwaymusical.umu.cc/
こちらを見ていただければ、詳しいことが分かると思います。
私はPlaybillとBroadwayboxの会員になり(簡単な手続です)、
ディスカウントコードを手に入れて、
TelechargeとTicketmasterから購入しました。
すべて英語で、時間制限があるので少し苦労しますが、
上記のサイトを熟読してトライすれば大丈夫だと思います。
これから行く予定がある人は、是非利用してみてください。

もう一つ、NYに着いたら購入しようと思っているのがCityPass
9日間有効で、下記をすべて含みます。
お値段は、全ての入館料を足した金額の約半額!(現在$65)

1. アメリカ自然史博物館入館料 (American Museum of Natural History and Rose Center)
2.グッゲンハイム美術館入館料(Guggenheim Museum)
3. 近代美術館(MoMA)入館料 (The Museum of Modern Art)
4. サークルライン2時間クルーズ、もしくは75分リバティクルーズいずれかの乗船料(Circle Line Sightseeing Cruises)
5.エンパイアステートビル展望台入館料(Empire State Building Observatory)
6.メトロポリタン美術館(入館料)

この6月から、イントレピッド博物館がメトロポリタン美術館に
変更になったみたいです。
メトロポリタンは絶対に行きたかったし、
他も興味のある場所ばかりで好都合。
初めての街だったら、こんなクーポンも嬉しいですね~。

大好きなゴッホの「星月夜」がMOMAにあります。
ああ、ドキドキ・・・

もともと「ミュージカル」と「美術館」、「街歩き」が目的だったNY。
思う存分満喫できそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧