« JATアンソロジーに寄稿しました | トップページ | リピート受注 »

2012/10/16

それでも、愛してる

ジョディ・フォスター監督、出演。
メル・ギブソン主演。
うつになった夫を支える家族の話…んー。
「それでも、愛してる」公式サイト

期待しすぎていたのかもしれない。
個人的にはイマイチ響いてくるものがなかった。
現実はこういうものなのかもしれないけれど。

まず、邦題が内容と合っていない気がする。
宣伝コピーも。
愛する夫があんな状態になっているときに
放り出して一人にしておくことなんてできるんだろうか。

共感できる部分がほとんどなかった…
長男とガールフレンドのエピソードはよかったな。
ジョディは昔から大好きなのだけど、
どうも監督作とは相性が悪いみたい。

「恋は感情、愛は意志」
大学時代、そんな小生意気なことを
学内新聞に書いたのを思い出す。


サロンシネマでの予告編は気になる作品ばかり。
中でも、全身骨折した状態で生まれるという障害を負った
ジャズピアニストのドキュメンタリーに惹かれました。
またジャズピアノ習いたくなってしまいそう。
「情熱のピアニズム」公式サイト


Photo

御幸橋からのグラデーション

|

« JATアンソロジーに寄稿しました | トップページ | リピート受注 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/55902372

この記事へのトラックバック一覧です: それでも、愛してる:

« JATアンソロジーに寄稿しました | トップページ | リピート受注 »