« それでも人生にイエスと言う | トップページ | 愛を読むひと »

2012/10/26

最強のふたり

やっと観てきました。

「最強のふたり」公式サイト

この作品はもう、言葉は要らないというか…
オマール・シーの笑顔に尽きるのではないでしょうか。
きっと、誰もが彼を大好きになってしまうのではないかな。

どうしてこんな笑顔ができるのだろう。
それに対するフランソワ・クリュゼの表情もとても良くて。
劇場が笑いにつつまれる瞬間もたくさんあり
胸が一杯になる作品でした。

予告よりも、ずっとずっといい。
気になっている方は、ぜひ(^^)
また、いつか観なおしたい一本です。


今日は初めての八丁座。
いつものサロンシネマの系列ですが、こちらは指定席。
話題作だけあり、10分前に行ったら
もう前から1-2列目しか空いていませんでした。
活気ある劇場は好きです。
隣の人がずっとメールを打ってたのを除けば…(-_-)

八丁座も、席は広くてふかふかで座り心地が最高でした。
もうシネコンには戻れないかもしれない…

引っ越してくる前は、近所の映画館に
なかなか観たい映画がかからなかったのですが
今は気になる作品ばかり。
さすが、こだわりの映画館だなぁと思います。

もちろんDVDという選択肢もあるのですが、
映画館という空間がたまらなく好きなんですよね。
それほど観たいと思う作品がなくても
「映画館いきたい!」となってしまうことが多々あるので
良い作品がそろっているのは本当にうれしい。

偶然にもレディースデイだったので
「テイク・ディス・ワルツ」をハシゴしようかなと思ったのですが
余韻を残しておきたくて、お楽しみはまた後日に^^


お気に入りのブーツのかかとを張り替え、
綺麗に磨き上げてもらったり
新しい喫茶店に入ってみたり、リフレッシュの一日でした。

今日はもう、仕事せずに
本でも読みながら寝ようかなと思います(•‿•)

|

« それでも人生にイエスと言う | トップページ | 愛を読むひと »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

Intouchablesって、日本ではそういうタイトルになってたんですね…。まあ「愛と〇〇の××」じゃなくてよかった(^^;) 邦題はともかく、オマール・シーのあの笑顔、いいですよね。何日も目の裏に貼り付きっぱなしでした。 今年の私のベスト3に入る作品で、ぜひまた観たいです(ちなみに残る2本はAngel's ShareとThe Best Exotic Marigold Hotel)。

投稿: ゆうの | 2012/10/27 02:43

うっちーさんのお気に入りなら、私もきっと好きになると思います。見たいです。
『夜と霧』は何度も読みました『それでも人生にイエスと言う」さっそく読もうと思います。

投稿: あけみ | 2012/10/27 06:51

>ゆうのさん

この邦題はあまり評判がよくないようです(^-^;)
確かに、私もピンとこない…
でも、久々にぎゅっと心をつかまれた作品でした。
私もオマール・シーの笑顔が頭を離れません。
こちらまで笑顔になってしまう^^
ゆうのさんのオススメ残り2本もチェックします!

>あけみさん

あけみさんは、絶対気に入ると思います!
保証してもいいくらい…
なので、お時間ができたらぜひ♪

実は「夜と霧」は気になっていながら未読なのです。
「それでも人生にイエスと言う」のほうが
だいぶ初期のもののようですね。
「夜と霧」もぜひ読んでみたいと思いました。

投稿: うっちー | 2012/10/27 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/55977782

この記事へのトラックバック一覧です: 最強のふたり:

« それでも人生にイエスと言う | トップページ | 愛を読むひと »