« 「リービング・ラスベガス」 | トップページ | ゴッホ展-国立新美術館にて »

2010/10/13

秋の夜長に…「恋人たちの予感」

毎年、肌寒くなってくると観たくなる、大好きな映画2本。
「恋人たちの予感」と「ユー・ガット・メール」。
つい最近、どちらも連続で観なおしてしまいました(^-^)

絶頂期のメグ・ライアンが本当に大好きで。
…といっても、この2本はけっこう公開年が離れているんですね。
前者が1989年、後者が1998年。

「恋人たちの予感」なんて、恋愛映画の定番だと思ってたけど
気づけばもう20年以上前の映画。
知らない人も、たくさんいるんだろうなぁ…
そんなことをぼんやり思いつつ、ブログに載せておこうかと^^


○「恋人たちの予感」

男女間に友情は成り立つか、というテーマで
よく持ち出される映画。
要は、10年越しの友人だった男女が恋人同士になるお話。

男は終始「男女の友情なんて成り立たない」と主張し
女はその逆を主張します。
で、結果的には恋人同士に。

男と女では当然感想が違うし、
同性と話していても意見が分かれることが多い映画です。
学生時代に、男女でわいわい鑑賞したりもしましたねー。
そして、ああだよ、こうだよ、と言いあったり。

男女間に友情は成り立つか…
この映画の結論は「成り立たない」だと言う人が多いけど、
あくまでも一例でしかないわけで。
答えなんてないよねー、って言うと身も蓋もないですが、
私は今も昔も成り立つ派です。

でも友達から恋人になることだって、もちろんあると思う。
これをあり得ない、という女友達も多いですけど。

今回も、同じ映画を観ながら
映画友達とあれこれ感想を言い合うのが楽しかったな。

そういうことを楽しむためにある映画なのかもしれないですね。
いくら意見をぶつけ合っても、
男女の感覚の違いなんて永遠に平行線。
でも、だからこそぶつけ合うのが楽しい。

…なんて思えるようになったのは最近ですが(笑)


サリーとハリーが電話で話しながら
テレビでやってる「カサブランカ」を観るシーン。
あれが昔から大好きなんです。
同じ映画を観ながら女心について議論するも、
ちっとも意見が合わない。
でも、そんな二人はとっても楽しそう。

この映画が私たちに贈りたかったのは
そういう時間なんじゃないかな、なんて。

「一日の最後におしゃべりしたいのは君だ」
そんな相手にめぐり逢えたら幸せですね。


紅葉のNY、雪景色のNY、
どちらも本当に美しくて魅せられます。

「ユー・ガット・メール」についても書こうと思ったのですが
長くなってしまったので、たぶん次回…たぶん(笑)

|

« 「リービング・ラスベガス」 | トップページ | ゴッホ展-国立新美術館にて »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/49730703

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長に…「恋人たちの予感」:

« 「リービング・ラスベガス」 | トップページ | ゴッホ展-国立新美術館にて »