« 大人の塗り絵 | トップページ | 活字熱 »

2009/02/02

たぶん最後の御挨拶/東野圭吾

昨日は、久々に読書しながら朝を迎えてしまいました。
そんなつもりはなかったのに、つい夢中になり…

4163688102たぶん最後の御挨拶
東野 圭吾
文藝春秋 2007-01

by G-Tools

乱歩賞作家・東野圭吾さんの自伝的エッセイ集です。
生まれたときから今までの年譜から始まります。

大手企業に勤めながら、仕事の合い間に書き続け
3度目に乱歩賞を授賞。
そのあたりが、とても興味深かったです。

そして、直木賞落選の日々。

決して暗くならず、軽いタッチで書かれていて
気持ち良く一気に読んでしまいました。
自作に関するコメントが全て読めるのも面白かった。
(彼の作品は、8割がた読んでいます)

やっぱり、評伝や自伝って面白いです。
昔から伝記ものって好きだったんですけど、
自分がくじけそうになった時とか、道に迷った時とか、
いろんな人の生き方を読むことで勇気付けられることが多いです。

今、注文中なのは、星新一氏の伝記本。

410459802X星新一 一〇〇一話をつくった人
最相 葉月
新潮社 2007-03

by G-Tools

教科書に載っていた「繁栄の花」に始まり、
一時期夢中になって読んでいたものでした。
こちらも楽しみですconfident

|

« 大人の塗り絵 | トップページ | 活字熱 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

東野 圭吾さんの本は
最近まで読んだことがなかったのですけど
1冊読んで、ほ~ と思いました

最近ちょっと読むものに困っていたので
これ幸いと『たぶん最後の御挨拶』を今日入手しました
うっちーさんの真似ばっかりしているみたいですけど
うっちーさん信用できるんですもん
楽しみに読みます


投稿: あけみ | 2009/02/06 19:15

>あけみさん
ああ~~、責任重大ですね・・・
東野さんの作品をあまり読んだことがないと
楽しめないかもしれません~!
説明不足ですみませんm(_ _)m

あけみさんが読まれたのは「手紙」でしたね。
あの作品、私も大好きです。
昔の作品と最近の作品は、だいぶ変化してると思います。
昔はわりと謎解き中心で、単純な推理物が多いんですが
最近は、もっと人間が描かれているように思います。

私は初めて読んだのが「白夜行」で、
これで一気にハマりました。
その他、あけみさんへのイチオシは
「秘密」や「容疑者Xの献身」あたりですかね~。
特に「秘密」は大好きで何度も読み返しています。

推理物だと「むかし僕が死んだ家」(題名が秀逸!)、
「悪意」「宿命」なんかが私好みだった記憶があります。

他にもたくさんありますけど(^^ゞ
挙げだしたらキリが無くなりそうです。

ただ、作品数が多いだけに、
好みによって当たり外れがあると思います。

投稿: うっちー | 2009/02/07 00:48

「容疑者Xの献身」
忘れていました読みました~
こんな純粋なひとが居たらいいな~と思いました

「秘密」ですね
次に読みます
いつも教えてくださってありがたいです

私も、ちょっとはまる方なので
全部読むかもしれません

うっちーさんの手のぬくもりの感じられる本
11冊読みましたよ
楽しんでいます
感謝

投稿: あけみ | 2009/02/07 08:41

>あけみさん
「秘密」は、東野さんの転機になった作品だそうです。
乱歩賞をとってから、10年以上なかなかヒットに恵まれず
この作品で一気にブレイクしました。
映画化もされましたが・・・やはり映画はイマイチでした(^^ゞ

それまでの作品とは一線を画していて
推理物というよりはファンタジーなので、
多くの出版社にボツにされたとありました。

きっとあけみさんならお気に召すんじゃないかなーと思います。

英語の本、もう11冊ですか!
楽しんでいただけて、私も嬉しいです~o(^-^)o

投稿: うっちー | 2009/02/07 09:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/43940582

この記事へのトラックバック一覧です: たぶん最後の御挨拶/東野圭吾:

« 大人の塗り絵 | トップページ | 活字熱 »