« ミニワープロ・pomera | トップページ | チェンジリング »

2009/02/28

ベンジャミン・バトン/数奇な人生

2009/02/28 00:50

レイトショーで「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」を観てきました。

「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」公式サイト

淡々とした映画です。
クレジットで、
スコット・フィッツジェラルドの短篇原作があることを知りました。
今まで未訳で、映画化を機に翻訳されたようです。

4042976034ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (角川文庫)
永山 篤一
角川グループパブリッシング 2009-01-24

by G-Tools


老人としての肉体を持って生まれ、
次第に若返っていくベンジャミン。
精神だけは、普通の人間として年をとっていく。
設定としてはファンタジーですが、
彼の人生をただただ、淡々と追っていきます。

それでも、なぜか目を離せない。
3時間弱という長尺に一瞬ひるみましたが、あっと言う間でした。

いろいろな人のレビューを見てみると
「フォレスト・ガンプみたいな映画」という感想をよく見かけます。
脚本家が同じらしいですね。
でも、私は全然そうは感じませんでした。
フォレスト・ガンプは、全編ファンタジーだと感じますが
この映画は、設定だけだと思います。
あとはただ、どう生きるか、どう死ぬかという、ごく普通の人生。
だからこそ、感情移入できてしまうのでしょう。
私は、「フォレスト・ガンプ」より好きでした。
初めて、ブラッド・ピットの演技を「いいなぁ」と思いました。

「泣けなかった」という感想も見かけますが
泣き通しだった私は、やはり涙の大安売り人間ですね(笑)
冒頭の、時計のエピソードだけでまず涙が…
ベンジャミンの人生、いやこの映画全体を象徴する時計です。
「時を戻せたら」
誰もが一度は考えることなのではないでしょうか。

今、一番大好きな女優ケイト・ブランシェット。
相も変わらず美しかった。
なぜあんなに魅力的な女性が存在するのか…
いつもいつも見とれてしまいます。
ブラピとのカップル…どこかで見たな…
と思ったら、そう!
「バベル」のコンビでした。

ケイトの子供時代を演じたエル・ファニングも最高に可愛い。
あのダコタ・ファニングの妹さんです。
キュートですね~。

人は皆、いつか死ぬ。
どう生きるか、どう死ぬか、
結局は大差ないのかもしれない…そんなことを思ったり。
でも、水泳のエピソードは最高に良かった。
まだまだ、人生あきらめずにいこう、
いや、ずっとあきらめずにいこう、
そんな勇気をもらえました。

時の流れに抗えず、
流されるままに人生を受け入れていく登場人物たち。
「永遠なんてものはない」
終始、そう主張されながらも
永遠の愛を感じさせるところが何ともよかった。

死ぬときは、朝焼けを見ながらがいいな…
そんなことを思いました。

途中、若大将みたいなブラピの姿に
ちょっと笑ってしまったのはナイショww

字幕は、アンゼたかしさん。
個人的に、劇場で見たのは初めてかも!
「オーシャンズ12」では吹き替えを担当していたそうです。
調べたら、アンゼさんが翻訳していた某ドラマのDVD特典映像に
自分が字幕をつけていたことを知り、ちょっと嬉しくなりました。
下記のムックでインタビューが読めます。

4871496511映像翻訳完全ガイドブック (イカロスMOOK)
イカロス出版 2005-03

by G-Tools


予告もいろいろと気になる映画がありました。
しかし、「オーストラリア」はちょっとくどい(笑)。
あまりやりすぎると逆効果な気も(^_^;)
クリント・イーストウッドの新作が気になりますね。
ハリー・ポッターも、予告が始まりました。
「ワルキューレ」も内容的には気になるんだけど、
トム・クルーズが出ていると
「トム・クルーズ」にしか見えなくなってしまっている私(^^ゞ

しかし、うちの近所のシネコンはいつもガラガラ…
大丈夫かな。
アカデミー賞を受賞した「おくりびと」だけは売り切れ!
1日1回の上映になってたから当然かもしれません(^_^;)
来週から、1日3回上映になるようです。
おそるべしアカデミー賞効果!

|

« ミニワープロ・pomera | トップページ | チェンジリング »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ブラッド・ピットの良さに気づくのが
だいぶ遅れた私ですけど
最近だんだんと好きになって来ましたので
この映画もぜひ見たいなと思います

ケイト・ブランシェットも、たのしみです

うっちーさんの感想を読んでいると
へぇ~ そうなんか~と
ビックリすることが多くて
ますます見たくなります

よく知ってはりますね~
さすがに勉強家のうっちーさんですけど
楽しそうに実りのあるお仕事をされてますね
たのもしい!!!

投稿: あけみ | 2009/02/28 17:57

>あけみさん

ブラッド・ピット、世間では
二枚目の代名詞みたいに言われてますけど
私もなかなか良さの分からなかった1人です(^^ゞ
でも、この映画ではなかなか良かったですよ。

>よく知ってはりますね~

そんなことは全然なく、
その都度気になってしまって調べてるだけなんです~。
特に、実話だとか原作があったりすると
気になっちゃうんですよね。

ここ数日、仕事に余裕があったので
久々にいっぱい映画が観られて嬉しいですo(^-^)o

投稿: うっちー | 2009/03/01 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/44199089

この記事へのトラックバック一覧です: ベンジャミン・バトン/数奇な人生:

« ミニワープロ・pomera | トップページ | チェンジリング »