« 活字熱 | トップページ | マンマ・ミーア! »

2009/02/16

おかしな二人/岡嶋二人盛衰記

仕事が山ほど重なってヒーヒーの日々が、ちょっと一段落しました。
久々にコメディ本編の字幕を翻訳したので楽しかったです。
やっぱり本編の翻訳が一番楽しいconfident
1600枚強を正味4日で作業という、
私にしては強行スケジュールでした。

最近、新しくエージェントを増やし
韓国ドラマの日本語監修のような仕事も始めました。
より自然で適切な日本語のセリフに練り上げる作業です。
これがまた、とっても楽しくて!

韓国語の翻訳者さんが訳した字幕をチェックするのですが
やっぱり人によってクセや特徴があるのが分かって
自分にとっても非常に勉強になります。
訳文を練り上げていくのって、ほんと楽しいんです。
いい表現が浮かんだら「あっ、これだ!」って。
翻訳者さんの表現にうなることもありますし。
現在、シリーズ物の1時間ドラマを週に3本担当中です。

そんな毎日ですが、いろいろと本も読んでいます。
中でも、こちらの本がすごく面白かったです。
わりと厚めなのに、一気に数時間で読んじゃいました。

406263399Xおかしな二人―岡嶋二人盛衰記 (講談社文庫)
井上 夢人
講談社 1996-12

by G-Tools


岡嶋二人さん。
二人で共作していた乱歩賞作家ですが、
もともと推理小説にあまり縁がなかった私は、
まだ1作も読んだことがありません。

でもまず「共作作家」というものに、とても興味がありまして。
共作作家ではエラリー・クイーンも有名ですが、
創作の秘密については終生明かさなかったんですよね。
作家なんて自我のかたまりのようなイメージがあるので、
2人で・・・ってどうしても想像できなくて。

もう一つは、東野圭吾さんの作品を読むことで
「推理小説」の書き方に興味を持ったこと。
自分には絶対書けないな~って思える、多様な発想。
東野さんの自伝エッセイには、
さすがにそこまで秘訣はさらされていませんでした。

「おかしな二人/岡嶋二人盛衰記」には、
何から何まで、すべて手の内がさらされています。
(当然、ネタバレ満載なのでご注意ください)
作品を読んでからの方が、より楽しめるだろうとは思ったものの、
読みたいと思ったら我慢がききませんでした(^^ゞ

へえ~~、こんな風に思いつくのかぁ、と
興味津々で読みました。
二人とも文学少年じゃないところがまた面白い。

でも、やっぱり焦点は二人の関係です。

「盛」の部は、乱歩賞を授賞するまで。
「衰」の部は、プロ作家になってから、コンビを解消するまで。

二人の頂点は乱歩賞だったということ。

切ないです。
まるで一編の恋愛小説を読んだような読後感でした。

無邪気に乱歩賞を目指していた二人が、
だんだんすれ違っていくその姿は、
作家という枠を超えて、普遍的なものを感じます。
多くの人が、こんな経験を一度はしているのではないかと。
相手が友達だったり恋人だったり、いろいろでしょうけど。

コンビの片割れ、井上夢人さんの視点のみから書かれているので、
余計にリアルです。
相手の気持ちが見えない、分からない・・・

訣別のシーンでは涙が止まりませんでした。


長くなってしまいましたが、オススメです。

ネタバレだらけなので、
後で作品を読む気になれるかな~と不安だったのですが
早速、1冊注文してしまいました。

4061838091あした天気にしておくれ (講談社文庫)
岡嶋 二人
講談社 1986-08

by G-Tools


「おかしな二人」を読んでいたら、ネタバレ満載にもかかわらず
すごく読みたくなってしまいました。

なんと、この作品は乱歩賞受賞作・・・ではなく、
受賞前年に最終候補まで残りながら、落選した作品なのです。
その落選の理由がまた・・・

そこは「おかしな二人」本編でどうぞsmile

書かれた背景を知っていると、また面白く読めそうです。
いろんなことに思いを馳せながら。

|

« 活字熱 | トップページ | マンマ・ミーア! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんな寒い日には、おコタで読書が最高の贅沢に思えます
今日は「秘密」を半ばまで読みましたよ
どうなるのかな~
早く先を読みたいような、読むのが惜しいような気持ちです

うっちーさんのお勧めには、はずれがありません
また、楽しみがふえた~とワクワクです

お仕事が順調で良いですね
がんばって、楽しんで、良いお仕事をと念じています

投稿: あけみ | 2009/02/18 20:33

>あけみさん
おコタ、いいですね~!
どうも、コタツがあると誘惑に負けてしまうので
置かない主義になってから何年も経ちます。
代わりにホットカーペットを敷いてますが。
実家に帰ると、おコタに入りっぱなしです(笑)
「秘密」、楽しんでいただけてるようで嬉しいです。

楽しんで仕事ができるというのは
本当に幸せ者だなと感じています。
いろいろと大変な面もありますが
何とか、このまま頑張っていきたいものですrock

投稿: うっちー | 2009/02/19 05:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/44084552

この記事へのトラックバック一覧です: おかしな二人/岡嶋二人盛衰記:

« 活字熱 | トップページ | マンマ・ミーア! »