« 浮気の定義 | トップページ | たまには運動を »

2008/07/23

「Sex and the city」映画公開に向けて

「Sex and the City」、シーズン2を見終わりました。
ここにきて面白さが加速してきました。

これはもともと、週刊誌に連載されていたコラムが原作。

0446617687Sex And the City
Candace Bushnell
Warner Books 2006-08

by G-Tools

だから最初の頃は、1話完結の色合いが濃くて
「先が気になる!」という感じではないんです。
恋愛のいろんなパターンを次々に見せていく感じ。

そのノリがあまりに軽くて、ちょっと現実味に欠けるんですが
(アメリカでは普通なのか?)
でも女性心理はリアルで面白い。

シーズン2の終わりに近づくにつれ、
今までの彼女たちの恋が、点ではなく線を描き始めます。
終わったはずのあのこと、別れたはずのあの人。
軽いノリで割り切ってるはずの彼女たちが
人知れず、引きずり続けてきた想い。

そうそう、人間ってそんな簡単に割り切れないよね~って
どんどん引き込まれる。

特にシーズン2の最終話は、
このドラマで初めて泣いてしまいました。

2年間も付き合っていた、大好きだった恋人、
「結婚なんて考えられない」と言っていた彼が
知り合って半年も経たない若い女と結婚するという。

「どうして私じゃダメだったの?」
と詰め寄る姿がせつないです。
プライドなんか構ってられなくなるほどの想い。
同じようなエピソード、映画「恋人たちの予感」にもありましたね。

シーズン3から、ますます面白くなりそうです!
この勢いだったら、映画公開に間に合うかな。

そうそう、ちょっとツッコみたいシーンがありました。
路上でタバコを吸ってる男が、
吸い殻を道端に投げるシーンがあったんです。
投げた吸い殻が、キャリーに当たってしまうのですが・・・
そこでのキャリーのセリフ。

「捨てるなら、周りを見てから捨ててよね!」

いやいや、ポイ捨て自体がいけないだろ、と(^-^;)
まあニューヨークって、実際こんな感じでしたね~。
屋内がすべて禁煙だからみんな路上で吸ってるし、
平気でポイ捨てするし。
まあ今、東京もあまり変わらないですけど。

しかしこのドラマ、やけに喫煙シーンが多いです。
矢沢あいの「NANA」並みに多い(笑)。
オシャレな女の象徴なのかな?
男並みに強い女の象徴なのかしら?

原作のコラムも読んでみたくなってる今日この頃です。

|

« 浮気の定義 | トップページ | たまには運動を »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/41946542

この記事へのトラックバック一覧です: 「Sex and the city」映画公開に向けて:

« 浮気の定義 | トップページ | たまには運動を »