« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年4月の記事

2008/04/25

「偉人エーリッヒ博士」 -魔法の弾丸99年の歩み-

また久々の更新になってしまいましたが、
私にとっての大仕事が一段落しました。

6月に岡山で行われるイベントで上映される映画に、
字幕をつけさせていただきました。
掲載許可を頂きましたので、こちらでご紹介しますね。

「秦 佐八郎博士 サルバルサン探索99年記念展
    ~魔法の弾丸99年の歩み~」

Img_hata4

まだ出来上がっていないページもありますが、
岡山大学出身の秦佐八郎博士に関連するイベントです。

----------------------------
「魔法の弾丸99年の歩み」記念展は、岡山第3高等学校医学部(岡山大学医学部の前身)を卒業された秦佐八郎博士エールリッヒ博士と共に梅毒の特効薬であるサルバルサンを発見し、世界最初の化学療法の第一歩を標されたことを起点とし、その後も深化を続ける化学療法の歩みを、地元 岡山大学と、サルバルサン発見の後 秦博士が恩師北里柴三郎博士と共に研究活動を行われた北里研究所の最新の取り組みを交えて、一般の方々にわかりやすく解説を行う企画展示会です。

(上記公式ページから引用・太字は当方がつけました)
----------------------------

秦博士ゆかりの映画として上映されるのが
「偉人エーリッヒ博士」という映画です。
上記引用では「エールリッヒ博士」と表記されています。
1940年の映画ですから、もう70年近く前の映画なんですね。
秦博士も、もちろん登場します。
細菌学という未知の分野について、必死で調べまくる毎日でした。
自分がよく理解しないと、分かりやすくは訳せませんから・・・

imdbのデータによると、
当時アカデミー脚本賞にノミネートされたようです。
それもそのはず、非常に面白い映画でした。
仕事だということを忘れて見入ってしまうくらい。
現在DVD化されていないのが、本当にもったいないと思います。

imdbを参照すると、当時「syphilis(梅毒)」という単語は
口にするだけでも大変なことだったそうです。
性病ということでスキャンダラスなイメージだったのでしょう。
そういう時代に作られたこの映画は、
論議を巻き起こしたようですが、勇気ある映画と言えますね。

ちなみに「魔法の弾丸」の原語は「magic bullet」。
英辞郎で引くと「特効薬」と出て来ます。
ランダムハウスでは「無副作用薬剤」という訳もあります。
イベントのタイトルにもなっているので
字幕はすべて「魔法の弾丸」としました。

魔法の弾丸とは何か?

病気を治療するには、病原菌を殺したい。

しかし、病原菌を殺す物質は、
同時に人間の細胞にも悪影響を及ぼしてしまう。

人間の細胞は健康なまま、
病原菌だけを狙い撃ちにできる薬を作り出そう。

その薬を「魔法の弾丸」と表現しているわけです。
なるほど~という感じですね。
この映画は、そんな薬を追究し続ける科学者たちの物語です。

当時の背景を分かっていないと、
イマイチ理解できないシーンも出て来ます。
「梅毒」という単語に対する人々の反応もそうですが、
エーリッヒ博士がユダヤ系だったことなどもそうです。
舞台はドイツ。
ピンときますよね。
(ヒトラー政権よりは前の時代ですが)

これは翻訳中に色々なサイトを見ていて知ったことですが、
やはり差別を感じることもあったようです。
それについて映画の中では一切触れられていませんが、
死ぬ間際の言葉などに、その思いが感じられます。

ドイツ人の純血主義らしきものは、
映画の中での秦博士への差別からも見てとれます。
きっと、異国で相当な苦労をされたことでしょう。

そして、化学物質を体内に入れるということに
強い抵抗がある時代でもありました。
これも、今では当たり前になっていますから
しみじみと時の流れを感じます。

すべての積み重ねで、そしてたくさんの犠牲の上に、
今の医療があるわけですね。

命懸けで、一生を研究に捧げる科学者たちの姿に、
深い感銘を受ける映画です。
岡山駅の近くにお住いの方は、是非足を運んでみてください。
そしてそれ以外の方も、いつかDVD化されたときに
「聞いたことある映画だな」と思い出して
手に取ってみてくださると嬉しいです。

なんだか熱くなって、長くて散漫な文章になってしまいました。
また思い出すことがあったらUPしたいと思います。

私にとっても、とても思い入れのある仕事となりましたので、
少しでも多くの方がこのイベントに足を運んでくださることを
心より願っています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/04/09

シュレッダー買い替え

去年買ったばかりのシュレッダーですが、
酷使するうちに変な音がし始めました・・・。

必要経費がかさんだフリー1年目だったので
安さ重視で選んだものでした。
最初は満足していたものの、だんだん欲が出てきてしまいました。

○一度に5枚までしか入らない
 →5枚だと少々きつい感じ・・・実質3~4枚?

○連続可動時間3分→やはり短い

○くずを捨てるときに、蓋を持ち上げる必要がある
 →刃やモーターが付いているため、非常に重い。

○容量も、もう少し大きい方がいい

このあたりを考慮して、買い直すことにしました。
なんだか、ガッタンゴットンいってて怖いので。

実際に電器屋さんに行き、いろいろ見ましたが
上を見るとキリがない。
最終的に選んだのが、この機種です。

 アイリスオーヤマ 【クロスカット】ペーパーシュレッダー P6H (グレー) P6H グレー

価格は1万円弱。
次にいいなと思うものは、倍の値段でした。
迷ったあげくにこちらに決定。

○一度に6枚まで裁断。
 →あまり変わらないけど、実際に6枚いける。
   あと、前の機種に比べて音がすごく静か!

○連続可動時間10分。→だいぶ延びました。

○くずを捨てる部分が、引き出し式になっているから楽。

○容量も大きくなったので、くずを捨てる回数を減らせる。

なんだかんだで、一カ月の仕事が終わると紙の山ができます。
その都度捨てられれば楽なんですけど、
一定期間は保存しておかないと、
修正や関連案件に対応できません。

今のところ、上の機種にすごく満足しています。
シュレッダー作業がだいぶ楽になりました。

そうそう、ドキドキしていた確定申告もスムーズに終わり、
4月3日に還付金が戻ってきました。
今年もしっかり領収書を集めておかなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/08

篠原美也子ライブ

今月末、久々に及川光博以外のライブに行って来ます。

篠原美也子さん。
おそらく多くの方は知らないと思います。
現在は、インディーズで活動されているようです。
でもデビューして15周年になる方です。

篠原さんのデビューが1993年。
私が初めて彼女の歌を聴いたのが1995年でした。
当時親しかった人がCDを貸してくれたのですが、
気に入ってしまい自分でも購入。

それが「満たされた月」というアルバムでした。

B00005GCUH満たされた月
篠原美也子 萩田光雄 中西康晴
テイチク 1993-11-21

by G-Tools


今に至るまで、何度も繰り返し聞いています。
少し、中島みゆきに通じるものを感じます。

透き通るような、でも力強い歌声。
弱さを抱えながら、前に進み続ける強さ。
何度、このアルバムに励まされたか分かりません。
youtubeでも、何曲か聞けるようです。(違法ですが・・・)

このCDを貸してくれた人とは、その後さらに親しくなりました。
「こんな音楽を愛する人なら、きっといい人に違いない」
そう思わされる歌声でした。
この時貸してもらったCDが
「え~~~何コレ」というような趣味に合わない音楽だったら・・・
二人の関係も変わっていたことと思います。

音楽の持つ力ってすごいです。
案の定、その人も中島みゆきを褒めてくれました。
通じ合うものがあると、お互いすごく嬉しいものですよね。

今はライブに向けて、他のアルバムもたくさん聴いています。
初めての弾き語りライブ
ドキドキしながら参戦(?)してきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/07

靖国神社のさくら祭り

週末、友人に誘われて
靖国神社で行われているという「さくら祭り」に行って来ました。
ちょうど、「花見に行きたいねぇ」とakkyと相談していたので
絶妙のタイミングでのお誘いでした。

長年、九段下周辺を通過していながら
こんなお祭りがあるとは知らなかったです。
たくさんの屋台が出ていて、テーブルや椅子もあって・・・
桜の木々に囲まれて、夕方から宴会を始めました。

九段下駅に到着したときの風景。
たぶん、これが千鳥ケ淵かな?
爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で」が頭をよぎります。
・・・というか、みんなで口ずさんでました(^-^;)

Dscf1454

到着したのが18時ごろでしたけど、まだ明るかったです。
水面に桜の花びらがたくさん集まっています。

Dscf1453

残念ながら、一番堪能した夜桜は、
綺麗に写真を撮れませんでした・・・
心のフィルムには焼き付いてますがshine

Dscf1459

Dscf1466

すごく素敵な場所でした。
いい所教えてもらっちゃったな~。
来年からは欠かさず行きたいなーなんて思っています。

ほどよく酔っ払って、おなか一杯になって帰ってきました。
こんなにのんびりしたの、久しぶり。
帰りにakkyからのプレゼント。

Dscf1467

ちょっと電車に乗るのが恥ずかしかったです・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »