« ドラマ続投 | トップページ | ひと区切り »

2007/10/01

「エディット・ピアフ 愛の讚歌」

月曜日締切りの仕事の目処がたったので、
どうしても観たかった映画を観に行きました。

「エディット・ピアフ 愛の讚歌」

ピアフとの出逢いは15年前。
高校時代、田舎の書店で
何気なく手に取ったシャンソンのCDの中に、
彼女の「バラ色の人生」「愛の讚歌」がありました。
このCDにはイブ・モンタンやシャルル・アズナブールなど
有名どころがたくさん入っていて、今でも良く聞いています。

たった2曲しか知らないくせに、
かなり何度も聞きこみました。
「人生」の意味も「愛」の意味も知らないまま、
フランス語も分からないのに、
口ずさめてしまうくらい聞いていました。

それほど彼女の歌声には、
人の心をとらえる何かがあったのだと思います。

その後、いろいろな本で彼女の人生を知り、
ますます惹かれていきました。

素晴らしい映画です。
かなり事実に忠実にピアフの人生を再現していて、
見せ方もすごく工夫されていました。
過去と現在がうまく織り交ぜられているのですが、
決して分かりにくくはありません。
ピアフを美化しているわけでもなく、
大スターにありがちな傍若無人ぶりも描きながら、
それでも憎みきれないものを感じさせてくれます。

ピアフを演じた、マリオン・コティヤールの演技には、
鬼気迫るものがありました。

それにしても、
ここまで悲惨な生い立ちというのも想像し難いです。
凄絶な人生、というにふさわしい。

ありえないほど悲惨な経験を重ねながら、
それでも最後に「私は後悔しない」と歌い上げるピアフ。
なんだか言葉にならないものが込みあげてきて、
抑えるのが大変でした。

夕暮れの海辺で、編み物をするピアフの姿が印象的です。
ここの笑顔が、一番幸せそうだった。

歌は、ほとんど本物のピアフの声が使われています。
往年のファンも満足できるのではないでしょうか。
また観に行きたいな・・・と思っています。
そして、大学時代にかじったフランス語を
きちんと勉強し直したいと、あらためて思いました。

ちょっと酔っ払ってますので、この辺で・・・(^^ゞ

|

« ドラマ続投 | トップページ | ひと区切り »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ああっ、観たいんですよー、ピアフ!!
やっぱり観るべきですね。どうにかして観る時間を作らねば…

投稿: すー | 2007/10/01 09:37

>すーさん
お勧めです!!
とても期待していたのですが、
期待以上に素晴らしかったです。
そして改めて、フランス語の響きに魅せられました。

字幕は古田由紀子さんでしたよ(^-^)゛

投稿: うっちー | 2007/10/01 09:53

私も観てきましたよ~
激烈な生き方に感動して
自分がぬるま湯に浸かっているように思えました

昨日からコメントを2度書いたつもりなのに
うまく届きませんでした
寝ぼけか?、昼呆けか?
いま一度試してみます
届きますよ~うに
ちょっとドキドキです

投稿: あけみ | 2007/10/04 20:19

>あけみさん
レビュー、拝見しましたよ~!
やっぱり、あけみさんなら大好きな映画ですよね。
彼女の生きざまには、とても刺激を受けますね。
なんというか、「良い」「悪い」を超えるものを感じます。

ああ、もう一度みたいです。
こういう映画に出会えると、とても幸せな気分になりますo(^-^)o

投稿: うっちー | 2007/10/06 01:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/16625969

この記事へのトラックバック一覧です: 「エディット・ピアフ 愛の讚歌」:

» 『エディット・ピアフ』 [詩と映画と日記]
監督オリヴィエ・ダアンキャストマリアン・コティーヤールシルヴィ・テステュージャン=ピエール・マルタンスジェラール・ドパルデューカトリーヌ・アレグレ(シモーヌ・シニョレの娘)パリの下町の路上で歌をうたって暮しを立てていた貧しくすさんだピアフに『もし人生を変...... [続きを読む]

受信: 2007/10/04 20:06

« ドラマ続投 | トップページ | ひと区切り »