« カタカナ語 | トップページ | 退職&新生活! »

2007/03/11

超豪華キャスト「ボビー」

全然宣伝されてないので、存在すら知らなかったこの映画。
映画館で偶然広告を目にして、その豪華キャストに唖然。
しかも監督はエミリオ・エステヴェス
マーティン・シーンを父に持ち、弟がチャーリー・シーン、
芸能一家の元青春スターじゃないですか!
なんて懐かしい。
公式サイトはこちら

名優アンソニー・ホプキンスを筆頭に、
「氷の微笑」のシャロン・ストーン
「ゴースト」のデミ・ムーア(エステヴェスの元婚約者)、
そのデミの現夫アシュトン・カッチャー
「ロード・オブ・ザ・リング」のイライジャ・ウッド
「恋愛小説家」のヘレン・ハント
「シービスケット」のウィリアム・H・メイシー
「マトリックス」のローレンス・フィッシュバーン
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のマーティン・シーン
そして「モブスターズ」のクリスチャン・スレーター!!
(↑昔、大・大・大ファンだったんです。今も好きだけど)

まだまだ他にも注目の若手などたくさん。
監督のエステヴェスも出演しています。

ロバート・F・ケネディ暗殺の日を描いたこの映画。
兄のジョン・F・ケネディの暗殺シーンは
何度も見たことがありますが、
ロバート(ボビー)についてはほとんど知識がありませんでした。
そして、兄弟揃ってマリリン・モンローを弄び
殺害した疑惑まである「血塗られたケネディ家」に対して、
私はあまり良いイメージを持っていませんでした。

しかしこの映画を見て、少なくともパブリックなイメージとして、
ロバート・F・ケネディがなぜそこまで支持されたのかは
よく分かりました。
そして、当時のアメリカの問題点が、
未だ変わっていないということも。
人種差別の問題は今も消えてはいないし、
ベトナム戦争の問題も単に場所が変わっただけ。

アメリカは自らを「国際警察」とし、軍事介入を好むとされます。
「だからアメリカ人は・・・」と非難する声もよく耳にします。
しかしアメリカ国内だって、国民の多くが戦争には反対している。
国民たちの思いは私たちと同じなのです。
アメリカをひたすらバッシングする人には、
そういう面に気づいて欲しい。
「華氏911」なども合わせて観れば、よく分かると思うのですが。

ケネディ家に心酔している父を持つエステヴェスが、
ボビーを賛美するために作った映画。
ただそう思って観てしまうとつまらないです。
ラストになだれこむまでは確かに淡々としていて
寝てしまう人がいるのも分かるのですが
(いびきかいてる人がいた!)、
その淡々とした日常が、
暴力に巻き込まれるラストを際立たせていたと思います。

ボビー暗殺に巻き込まれ、何人もの一般人が撃たれます。
そこに、おそらくボビー本人の演説がかぶさります。
スピーチは専門のライターが書くことは知っていますが、
それでもやはり感動的です。
あの時代、いかに国民がボビーに夢と希望を抱いていたのか、
演説を聴くと納得せざるをえません。
そして、暗殺されたあとの絶望感も察するにあまりあります。

このラストの演説を聴くだけでも、
この映画を見る価値があります。

理想主義と言われようとも、
理想のない人間なんて私は魅力を感じません。
ベトナムからの撤退を政策にかかげ、
「暴力は暴力を生み、抑圧は報復を生む」
「共に暮らす人々は、皆、同胞である」
と主張したロバート・F・ケネディ。
まさに今のアメリカが求めている指導者像なのではないかと
思いました。

人々の姿に演説がかぶさるラストは、
チャップリンの「独裁者」を彷彿とさせるものがありました。

**************************

クリスチャン・スレーターには
昔(中学か高校時代・・・)、ファンレターを出したことがあります。
その時にいただいたお返事のポートレイトは宝物です。
以前にも載せた気がするけど、もう一回載せちゃいます。

Cristian_slater


|

« カタカナ語 | トップページ | 退職&新生活! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

すご~い
返事をもらえたのもすごいですけど
もっとすごいのは
英語を習い始めた頃のうっちーさんが
もう英語で手紙が書けたのですね
さ~すがです

「ボビー」どこで上映してるのかしら
興味しんしんです
探してみます

3/10日 ミッチーの申し込みの日でしたが
寝込んでしまって出来ませんでした
誘ってみた友達もあんまり嬉しそうにしませんので、
よし 今回はDVDにしておきましょうと
思っています

投稿: あけみ | 2007/03/14 19:40

>あけみさん
体調が戻られて良かったです。
そろそろ、ぽかぽかの毎日になってほしいですね~。
東京なんて、昨日初雪が降りましたよ!!
我が目を疑いました(^-^;)
朝から寒いこと寒いこと・・・。

ファンレターは、当時、
「ファンレターの書き方」などの本と
首っ引きでしたよ。
今のあけみさんなら、絶対書けますよ。
「ロードショー」や「スクリーン」に、
主要な映画会社の住所が載ってたりするので、
出してみるのも楽しいかもしれませんね!

「ボビー」は、あまり上映館がないのです・・・。
だから私も偶然見つけるまで知りませんでした。
レンタル開始になったらお手にとってみてください。
そして、みっちーのDVDも堪能してくださいね♪
私はまた来週ライブにいってきま~す(^-^)/

投稿: うっちー | 2007/03/17 14:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/14223378

この記事へのトラックバック一覧です: 超豪華キャスト「ボビー」:

« カタカナ語 | トップページ | 退職&新生活! »