« リアルな「マリー・アントワネット」 | トップページ | 「ドリームガールズ」再び<ネタバレ> »

2007/02/24

「ドリームガールズ」

先週、封切りと同時に見てきました!
ミュージカル大好きな私としては見逃せない作品。

感想は・・・最高!
「シカゴ」以来の感動でした。
「プロデューサーズ」は、映画としての工夫が足りなくて
個人的にはちょっとダレる感じがあったのです。
「オペラ座の怪人」も然り。
舞台っていうのは、
そのまま映像にしても決して面白くはならないのです。

「ドリームガールズ」も元はブロードウェイのミュージカルですが
カットつなぎのテンポの良さなど、「シカゴ」の感覚に近いです。
歌ってるときに、ただ歌ってるだけでは、
映画としては退屈なんですよね。
舞台では生の魅力があるんですが、映画では退屈。

「歌ってる間にも物語が進行して、
 歌の前と後で何か変化が起きていなければならない」
とは、監督の弁。さすが!!

クレジットを見て、納得。
監督・脚本がビル・コンドン
そう、「シカゴ」では脚本を担当していた方です。
何の予備知識もなく観に行ったので、「おお~」と思いました。

ストーリー自体の面白さは、「シカゴ」以上かもしれません。
何といっても、音楽業界のリアルな裏側ですから。
「犯罪者がスターになる」という、ある意味おとぎ話の「シカゴ」より
人間ドラマが見ごたえあるのは、必然でしょう。
ダイアナ・ロスシュープリームスをモデルにした話だそうです。

そしてさらに、歌唱力が「シカゴ」より圧倒的に上なのも
悔しいけど事実です。(←なんで悔しいんだ・笑)
ビヨンセもすごいけれど、
エフィ役のジェニファー・ハドソンがすごい!
てっきり、有名な歌手なのかと思ったら新人とのこと。
冒頭の「MOVE」の歌声では、本当に鳥肌が立ちましたよ。
でも、音楽番組のオーディションでは落ちたのだとか。

どれだけ層が厚いのかと、恐ろしくなりました・・・
日本の歌手が赤ん坊にしか見えません・・・

さらに、中盤はずっと抑えた歌声のビヨンセが、
クライマックスで気持ちを解き放つ「Listen」
ビヨンセ演じるディーナの気持ちが痛いほどに伝わってきて、
演技を超えた歌声に、涙が止まらなかった。
「歌は、気持ちを伝えるためにある」
それを体現しているような場面でした。

昔、映画「ボディガード」にホイットニー・ヒューストンが出たとき、
「歌手は女優なんかやるもんじゃないな~」と思ったものですが、
今回のビヨンセは素晴らしかったです。
パンフを読むと分かるのですが、彼女はとても謙虚。
そして努力家。
スター然としたホイットニーとは、きっと根本的に違うのですね。

ちなみに、昔ホイットニー主演で
「ドリームガールズ」映画化の企画があったそうです。
企画が流れた理由は、ホイットニーが
エフィとディーナ、両方のナンバーを歌いたがったからとか。(笑)
ある意味、すごいけどヽ('ー`)ノ

物語のキーともなる「One night only」は、
どちらのバージョンもとても良くて。
中島みゆきの「孤独の肖像」にあまりにも似ていて、
笑っちゃいました。
曲調もちょっと似てるけど、アレンジと経緯がそっくり。
(現在、初期バージョンは
「孤独の肖像 1st」としてアルバム収録されています)

しっとりとしたバラードが、
ノリのいい売れ線の曲に書きかえられる。
これも音楽業界ではよくあることなのでしょうね。

エディ・マーフィーもよかったなぁ。
この役には数人のモデルがいるらしいのですが、
その中にジェームス・ブラウンも入ってるとのこと。
(どうりで、途中で及川光博ライブを思い出したわけだ・・・)

エディの歌の素晴らしさもさることながら、
哀愁漂う表情がとても良かったです。
コメディ一筋の彼ですが、こんな演技もできるんだ・・・と。
アカデミー賞ノミネートも納得です。

映画が終わったあと、サントラコーナーに人が群がっていました。
こんな光景、初めて見たかも・・・
私の目の前でも4~5枚売れてましたし、
私もデラックス・バージョンを買いましたo(^-^)o

こうして書いてみると
まるですべての面で「シカゴ」を超えているようですが、
それでも私の中では「シカゴ」は別格なんですよね~。
なぜだろう・・・
個人的にジャズが好きとかいうことを差し引いても、
作品としての完成度は「シカゴ」が上な気がするんですよね。
まさに「To me, you are perfect!」な心境なのです。
何度観ても飽きません。

「シカゴ」は、赤と黒を基調にした映像の
一つ一つがスタイリッシュで、
それ自体が芸術だったなあと思うんです。
今でも、どのシーンも強烈に目に焼きついています。
「ドリームガールズ」もスタイリッシュではあると思うのですが、
どちらかというと、映像自体は
プロモーションビデオに近いかも・・・と思います。

あと何度か観に行けば、また感想が変わるかもしれません。
「シカゴ」は7回通ったからなぁ。

いずれにせよ、「シカゴ」の成功がきっかけで
続々とブロードウェイミュージカルが映画化されています。
ミュージカル好きとしては、嬉しい限りですo(^-^)o

|

« リアルな「マリー・アントワネット」 | トップページ | 「ドリームガールズ」再び<ネタバレ> »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「ドリームガールズ」ですね
よ~し ぜったいに見ようと楽しみになりました
「シカゴ」も、うっちーさんに教えられてみましたが
素晴らしかったです
何回か見ました

もうすぐですね
活き活きと好きな仕事に打ち込む
うっちーさんを楽しみに待っています

投稿: あけみ | 2007/02/26 09:31

>あけみさん

きっと、お気に召すと思いますよー(^-^)/
もう2回目を観に行ってしまいました(笑)。
本当に素晴らしくて、見るたび泣いています。

こういう感動を
私も仕事を通じて伝えたいです。
いつか、映画本編の翻訳をやりたいですねぇ!

着々と前進できるように
勉強を怠らないようにしようと思います。

投稿: うっちー | 2007/02/27 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/14028442

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドリームガールズ」:

» 映画「ドリームガールズ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Dreamgirls 「プライメッツ」から「ダイアナ・ロス&ザ・シュープリームス」、彼女達の足跡が、メリーゴーラウンドのようにハイテンションでソウルフルに解散まで持続する・・ エフィー・ホワイト(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ・ジョーンズ(ビヨンセ・ノウ... [続きを読む]

受信: 2007/02/24 13:52

» ドリームガールズ [べるといろいろ日記]
ドリームガールズ: デラックス・エディション [DVD付限定盤]/サントラ 今日、ママズシアターという、六本木ヒルズの子連れ専用上映に行ってきました。みんな1歳にならないくらいの子を連れていて、(歩いてる子もいたけど)音響も控えめ。途中あかちゃんが泣いてもぐずっ....... [続きを読む]

受信: 2007/03/08 17:50

« リアルな「マリー・アントワネット」 | トップページ | 「ドリームガールズ」再び<ネタバレ> »