« DVD特典映像の字幕翻訳 | トップページ | 「ドリームガールズ」 »

2007/02/17

リアルな「マリー・アントワネット」

見終わったあとのakkyと私の反応が、
ここまで分かれたのも久しぶりでした。

どうやらakkyは、
激動の時代を描いた歴史物を期待していた模様。
私は、1人の少女の人生を描いた物語、と思っていました。

予告を見たときから、あ、これは今までとは違うな、と思いました。
監督、ソフィア・コッポラですし。
普通の歴史物を撮られても、つまらない。

世間では、ファッションやスウィーツが注目されています。
確かに色彩も美しく、普通の中世物とは一味違う。
けれど、それだけの映画でもありません。

フランス革命ではなく、
あくまでも「マリー・アントワネット」を描いた映画。
彼女が何を見て、何を感じたか。
そう、全編がマリーの視点を通して語られるわけです。
そういう意味で、「戦場のピアニスト」と全く同じです。
歴史的背景をある程度知らないと、つらいかもしれません。
(「ベルばら」程度の知識で十分です)

確かにあの時代、歴史的には激動の時代だった。
でも、マリーにどこまで見えていたか?
気づいたらいつの間にか国民にそっぽを向かれ、
城を捨てるときにもまだ、
事の重大さを本当には理解できなかったのではないか?

彼女の目には最後まで、
美しいドレスと色鮮やかなお菓子しか映っておらず、
ラストに近づくにつれ食べかけのお菓子がドロドロしていくのが
運命を象徴していているようで良かったです。
最後まで、事態を理解できていないような
ほんわかした雰囲気のマリーがとてもとてもリアルで。

「王妃になってしまったことが悲劇」

それをまざまざと見せつけてくれました。
プチ・トリアノンで子供と戯れるシーンでは、
普通の女性としてのマリーの魅力が全開だったと思います。
「王妃でさえなければ・・・」
彼女がいかに可愛らしく、優しくて魅力的な女性だったか、
全編を通して伝わってきます。

オペラでの拍手のシーンや、
子供が亡くなったことを肖像画で見せるシーンなども、
テンポが良くて上手い見せ方だなぁと思いました。

ラスト、賛否両論ですが、
私はこの映画にはあのラストがふさわしいと思います。
あの続きまでやっていたら、映画のカラーが変わってしまうし。
(正直、見たいと思う気持ちはありますけど)

キルスティン・ダンストが、
初々しく純粋で、世間知らずなマリーを好演しています。
ほとんど出ずっぱり。
彼女の表情で映画を引っ張っていくようなものですから
責任重大ですが、とても良い演技でした。

歴史を超えて女性に支持されるマリー・アントワネット。
その理由がよく分かる映画でした。
でもやっぱり、男性には分からないかもな・・・と思います。
(感想は聞いてみたいけれど)

************************

めずらしく、仲良しのあけみさんと意見が割れました!
でも、ブーイングする人がいるのも良く分かるんです(^-^;)
万人に受け入れられる映画よりは、意見が分かれる映画の方が
面白いですよね!

「マリー・アントワネット」を観ました by あけみさん

ひそかにブログを読ませていただいている、
映像翻訳者としては大先輩のひよさん。
はじめましてのトラックバックですが、
いつも楽しく読ませてもらっています♪
やはりプチ・トリアノンのシーンはいいですよねぇ。

「マリー・アントワネット」 by ひよさん

|

« DVD特典映像の字幕翻訳 | トップページ | 「ドリームガールズ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

普通の可愛い女性とのマリー・アントワネットなら
不満ではないですし
愛らしいマリーでしたし
きれいな映画でした

でもマリア・テレジアの娘
フランスの王妃
デュマの考えたマリー・アントワネットが
頭に有るので何だか軽々しく思えて
心に残ったとは言えなかったです
akkyさんの感想も聞いてみたいですわぁ

投稿: あけみ | 2007/02/19 17:30

>あけみさん

やはりそうですか~
こういう視点もたまには面白いと思ったのですが・・・
しょぼん(ノ_・。)

akkyは、あけみさんと似たような感想だと思います。
「なんでここで終わるの?!」
と、もっと激動の時代を見たい様子でした。
まだ仕事から帰ってないので、
時間があったら感想書け~と言ってみますね(^ー^)゙

投稿: うっちー | 2007/02/19 22:55

自分も映画の感想はあけみさんと近いですね~。

やっぱりマリーアントワネットと言うのは自分の中であの激動の時代背景と気っても切り離せないイメージで固まってしまっているので、個人としてのマリーアントワネットとして描かれているこの作品はなんだか違和感を感じてしまうんですよね~(^◇^;)

確かにうっちーとここまで映画の感想が分かれたのはほんと久しぶりだね~。

投稿: akky | 2007/02/20 00:11

>akky

うーん、でも確かに男性が
「すごくいい映画~☆」
なんて言ってたら違和感を感じる映画かもなぁ(^-^;)
ドリームガールズは面白くて良かったね!

投稿: うっちー | 2007/02/22 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/13939406

この記事へのトラックバック一覧です: リアルな「マリー・アントワネット」:

» 「マリー・アントワネツト」を観ました [詩と映画と日記]
楽しみにしていた「マリー・アントワネツト」を観ました18世紀のウイーンでは政略結婚による平和が図られており女帝マリア・テレジアの末娘がルイ・オーギュスト(後のルイ16世)の妃となるべくまだあどけなく、か細い肩に幾千もの兵士の命にも勝る重い任務を帯びてフランス...... [続きを読む]

受信: 2007/02/19 17:31

« DVD特典映像の字幕翻訳 | トップページ | 「ドリームガールズ」 »