« 「SAW3」(ネタばれなし) | トップページ | 初仕事 »

2006/11/23

クラシックの楽譜を・・・

最近、大ヒット中の「のだめカンタービレ」。
ピアノ大好きな私も、御多分にもれずハマっています。

原作がもちろん一番面白いんですが、
ドラマの良いところは曲が実際に流れるところ!
漫画を読みながら「これはどんな曲だろ?」と想像していたものが、
全て聞けるのです。
毎回毎回、とっても楽しみです。

そしてたまに、「これ弾いてみたい!」と思ったりします。
でも楽譜って高い。
1冊2000~3000円はざらです。
1曲だけのためにそのお金を払うこともありますが、
できることならお得に済ませたい。

実は、「のだめカンタービレ」に出てくるようなクラシックは、
著作権が消滅しているものがほとんどなのです。
そういったクラシック曲の楽譜が、無料で配布されているサイトがあります。

「The Sheet Music Archive」が有名です。
私もかなり活用しています。
昔弾いたあの曲、もう一度弾いてみたいな・・・なんて時に。
英語のサイトなのでとっつきにくいかもしれないですが、
下の方に並んでいる作曲家を選び、次のページで曲名を選ぶだけです。
そして「Download」ボタンを押せばOK。
PDFファイルが表示されるので、プリントアウトしてください。

正式な原題を調べるのに、ちょっと苦労するかもしれませんが・・・
インターネットがあれば大体解決します。

ちなみに前回の日記に書いた「きらきら星変奏曲」の原題は、
「Variations on "Ah! Vous-dirai-je maman?"
(『ああ、お母さん、あなたに申しましょう』による12の変奏曲)」
というそうです。
全然違いますね!

でも、こういった事を調べるのも、勉強になり楽しいですヨ。

ちなみにその楽譜がこちら。

「きらきら星変奏曲」

「のだめ」の中で、千秋が弾いたラフマニノフが
気になった方も多いんじゃないでしょうか。
ありましたよ~、ラフマニノフのピアノコンチェルト第2番。
長いので何ファイルかに分かれているようです。

「ピアノコンチェルト第2番」(オケ譜)

しかし、やっぱりオケがあるからこそ、いいんですよねぇ。
ピアノだけで弾いても、旋律がなくて寂しい・・・
でも千秋とのだめの連弾は良かった!

そのピアノ2台で弾くラフマニノフの楽譜も見つけました~!!
片方がオケ部分をピアノで担当するという、まさにドラマのままの譜面。
実際にドラマで流れたものがこれかどうか、確認はしてません。
弾く相手がいないけど・・・いや、たぶん弾けないけど・・・
(あっという間に品薄になってしまったようです)

4111605621ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第二番 作品18(2台ピアノ用) 矢代秋雄 編・注解 解説付
矢代 秋雄
全音楽譜出版社 2005-02-21

by G-Tools

譜面を見ると、pp(ピアニッシモ)で始まるんですよね。
でも、のだめの演奏は出だしから、すごく力強かったですね。
そんなふうに解釈を見比べるのも楽しい♪

ブラボー、音楽生活!

Dsc00977

私の一番落ちつく空間です♪
最近は、会社から帰るともっぱらピアノの前に座っています。
電子ピアノは、YAMAHA P-120S。
タッチも重めだし、ヘッドホンで聞く音はかなりいいです。
(スピーカーはイマイチですが・・・)

現在はP-140Sにモデルチェンジしたようです。


|

« 「SAW3」(ネタばれなし) | トップページ | 初仕事 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/12790913

この記事へのトラックバック一覧です: クラシックの楽譜を・・・:

« 「SAW3」(ネタばれなし) | トップページ | 初仕事 »