« 及川光博ライブ!「ツキノヒカリ」ファイナル公演 | トップページ | ウイルス「ブラックウォーム」 »

2006/06/11

及川光博ワンマンショー「日本舞踏館」

6月9日、ロックの日。
午後6時9分開演で、久々に日本武道館で
及川光博のワンマンショー「日本舞踏館」が開催されました。

まずはこのブログをご紹介。
裏方の関係者の方のブログです。
読んでいて、思わず涙が出てきてしまいました。
自分がなぜここまで及川光博を好きなのか、再確認しました。
「コツコツ頑張れば、きっと誰かが見ていてくれる」
最近よくみっちーが口にする言葉ですが、まさにその通り。
主任さん、素敵な記事をどうもありがとうございます。

裏ろっくせっとじゃぱん「みっちー」

およそ半年に及ぶツアーから、一週間も経っていません。
それでも、素晴らしいステージでした。
またしても、「今までで最高のステージだ」と感じました。

曲目は「ツキノヒカリ」ツアーと大幅には変わっていないものの、
「月下美人」「crazy a go go!」「モラリティー」
「悲しみロケット2号」「求めすぎてる?僕。」

などが加わり、ロック色が強められていましたね。
この短期間で、よくぞここまで・・・と嬉しくなりました。

中でもデビュー曲の「モラリティー」は鮮烈な印象を残しました。
イントロと同時に、舞台の上に炎が1つ、2つと灯っていって。
みっちーの魂の叫びに合わせて大きく燃え上がったり。
2階席が熱くなるくらいの大きな炎でした。
彼が本当にこの曲を大切にしているのが分かります。
毎年欠かさず、生で聞いてます。

しばらく生では会えないね、ということでMCもいつもより長かったのですが、
その中で思いもかけなかったことを聞きました。

デビュー以来、みっちーは年に一回、
「ひとりのビッグショー」というものを開催してきました。
まだ全国ツアーなど出来なかった頃です。

バラの花を投げても、客席の皆がよけて
「パサッ」と床に落ちてしまうような時代を通ってきたみっちーの、
精いっぱいの虚勢と、野望が込められたタイトルだったのかもしれません。

ツアーが始まっても、年に一回のイベントとして
「ひとりのビッグショー」は開催されていました。
そして、全国ツアーとは違い「一夜かぎりのライブ」ということで、
ファンにとっても思い入れのあるライブでした。

ところがここ数年、全くやらなくなっていたのです。
今回のライブも「ワンマンショー」であって、「ひとりのビッグショー」ではなかった。

みっちーが、その理由を教えてくれました。
(一字一句正確ではありません、すみません)

「僕は、デビュー以来、『ひとりのビッグショー』というものをやってきました。
でも、今はそのタイトルを使わなくなった。
それは、一人なんかじゃないことに気づいたからです」

「昔は、“誰も分かってくれなくても一人で頑張ってやる!
美学を貫き、我が道行くんだ!”と思っていました。
そうしてここまで来れたけれど、それはメンバーやスタッフ、
そしてみんな(ファン)がいてくれたからなんです。
ムーブメントというものは、決して一人じゃ作れない。
僕を支えてくれた人たちに、心から感謝しています」

そして、「どうもありがとう!」と深々と頭を下げるみっちー。

しばらく、拍手が鳴り止みませんでした。
そして、涙が止まりませんでした。

「久々に『ひとりのビッグショー』をやればいいのにねー!」
などと皆が言ってましたが、まさかそんな思いがあったとは・・・。
考えも及ばなかった。

いつもいつも、彼の生き方には感銘を受け、見習わなければと思わされます。
ステージが素晴らしいのはもちろんのこと、
及川光博の人間性、そして仕事に対する姿勢こそが、
ファンを惹きつけてやまないのです。
バラエティ番組では絶対に伝わらない魅力が、そこにはあります。

ラスト、「バラ色の人生」で終わりかと思わせておいて、
すかさず「求めすぎてる?僕。」のイントロに移った時は、会場中が絶叫でした。
やるな、みっちー!
思いっきり踊って、「舞踏館」らしい終わり方で大満足。

終演後、ステージの上を走り回って、会場中に
「ありがとうございましたっ!」
と、マイクをはずした肉声を届けるみっちー。
鳴りやまない拍手。

きっと皆が、「こちらこそ“ありがとう”だよ、みっちー」
と思っていたに違いありません。
みっちーが退場してからも、しばらく拍手が鳴り止みませんでした。

素晴らしい10周年ライブでした。
この日のDVDは8月9日に発売予定です。
人生をキラキラさせたい方は、是非お手にとってみて下さい。


臨場感のあるレポがたくさんあります。
皆さんすごいな~。こちらも是非どうぞ!
びっくりするほどたくさんあって、載せ切れませんでした・・・

「小ネタ祭り」meguさん
「ウエブロ」ueさん
「日々のできごと」エミリーさん
「曖昧な日常」ruuさん
「jaiko's blog」jaikoさん
「まゆのくつろぎカフェ」まゆさん
「むしゃむしゃ♪」akaさん

|

« 及川光博ライブ!「ツキノヒカリ」ファイナル公演 | トップページ | ウイルス「ブラックウォーム」 »

及川光博」カテゴリの記事

コメント

「日本舞踏館」及川光博ワンマンショー
とても満足されたようで、よかったですね~
うっちーさんの感想を楽しみに待っていました

会場の熱気と陶酔が伝わってきますよ

私は「利家とまつ」の慶次郎が大好きでした
見たことのない個性の輝きが気に入りでした

それから、うっちーさんに影響されて
親しみを持ちましたので
注意して見ていると
やっぱり衆を抜きんでた存在のように思えます

天与の才能とルックスに甘えず
日々考え努力し研鑽を怠らない
進化しつづける及川光博

私も逢いに行きたいと思えてきました

投稿: あけみ | 2006/06/11 19:48

うっちーさん、はじめまして。
jaiko's blogのjaikoです。

まだ夢の一夜に浮かれた私のブログを
ご紹介いただきまして、恐縮です。
でも、嬉しかったです。ありがとうご
ざいました。

うっちーさんが書かれていたMCのこと、
よく聞き取れない部分があって、
ブログで紹介できなかったのですが、
霧が晴れました!
なんて素敵なことを言ってくれるのでしょう。

私達ベイベー&男子は、とても素敵な人と
「らぶ貯金」をし合う間柄なんですね♪

投稿: jaiko | 2006/06/12 20:47

うっちーさん、はじめまして!
裏方さんのブログが紹介されていたので昨日のぞいてきました。そしたらこちらにトラックバックがあって拝見しているうちに、またなんだかじわーっと涙腺が緩んできちゃいました!
とっても暖かく心に響くコメントですね。思い出しながら書いているブログですが、書いたあともふとした瞬間にミッチーの言葉が思い出されます。私は昔のミッチーを見ていませんが、「昔の自分に大丈夫だよ、って言ってあげたい」というミッチーの言葉にぎゅっと胸をつかまれたような気がしました。一曲、一曲に心をこめて(魂をこめて)歌ってくれて、語りかけてくれて、「思い出」がまた増えました。ちょっとさびしいですが、また会えることを楽しみに応援していきたいと思っています。
うっちーさん、ありがとうございました!

投稿: あか | 2006/06/12 21:56

>あけみさん
ああ、なんて嬉しい言葉でしょう!
誰にも読んでもらえないかも、と思いながら
及川光博について書き綴ってきた甲斐がありました。
。・゚゚・(>_<)・゚゚・。
俳優としても個性豊かな彼ですが、
映画よりドラマよりCDより、
何十倍も素敵なのがライブなんです~。
だから是非、一度見ていただきたいと思います(^-^)/

>jaikoさん
はじめまして!
ようこそいらっしゃいました~。
夏風邪のなか、大変だったことでしょうね。
それでも、ライブが始まってしまえば
そんなことは吹き飛んでしまったのではないでしょうかo(^-^)o
本当に素晴らしいライブでしたよねぇ。
いい男だなあと、しみじみ思います。

>あかさん
はじめまして、ご訪問ありがとうございます。
あの裏方さんのブログは、本当に嬉しかったです。
是非、いろんな人に読んでもらわねば・・・と思いました。
そうそう、ブログ書いたあとにも色々思い出してしまいます。
あかさんのおっしゃる「未来の自分に・・・」のくだりも、
もう涙が出てしまって大変でした。
この日のトークは、そんなものが多かった気がします。
きっと、みっちーも感無量だったのでしょうね。

冬にはまたツアーが始まるはずですので、
会える日を楽しみに、日々頑張りましょう(^-^)/

投稿: うっちー | 2006/06/12 23:39

トラックバックありがとうございました!!

私は今回が初ミッチーでしたが本当に感動しましたよ!!
最後にマイクを通さずに精一杯の声で
『ありがとうございました!!』
と言ったミッチーにいち男子としてホントに心から拍手を送りました!!

投稿: ウエ | 2006/06/13 10:01

>ウエさん
はじめまして、書き込みありがとうございます。
お返事が遅くなり、ごめんなさい。
初のみっちーライブで、そんなに褒めていただけると
一ファンとして、とても嬉しいです。
最近、男子もだいぶ増えてきましたからね~、
なかなか頼もしい声援が上がってましたね(笑)。

是非是非、次のライブにも足をはこんでください!
私もおそらく、通い続けると思います(^ー^)゙
男子がもっと増えるといいですねー。

投稿: うっちー | 2006/06/18 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/10476433

この記事へのトラックバック一覧です: 及川光博ワンマンショー「日本舞踏館」:

« 及川光博ライブ!「ツキノヒカリ」ファイナル公演 | トップページ | ウイルス「ブラックウォーム」 »