« 新手振り込み詐欺 | トップページ | 手羽先づくし »

2006/04/15

「積ん読」洋書&初めてのSheldon

ベストセラー作家 Sidney Sheldonを、まだ読んだことのなかった私。
原書で初挑戦、先日読了しました。

0446610178The Sky Is Falling
Sidney Sheldon
Warner Books Inc 2001-07

by G-Tools

邦訳も出ていますが(「空が落ちる」)、悪名高い「超訳」というシロモノ。
シェルダンのシリーズは、現在ほとんどが「超訳」で出ているようなので、
読む気が全くしなかったのです。
高校くらいの英語で十分読めると思うので、原書で読むことをオススメします。

読みやすいという評判どおり、サクサクと読めました。
字も大きく、ページが進むので快適です。
展開も早く、先が気になるので一気に読めてしまいます。
ラストの謎解きの部分ではおお~~っとため息。
あとがきを読んで、またため息。
ここ最近、東野圭吾ばかり読んでいたので、良い気分転換になりました。

東野圭吾といえば、大好きな「秘密」の英語版を発見して、本棚に積んであります。
こちらも読むのが楽しみ♪
結構、字が細かくて時間がかかりそうではありますが・・・
逆に自分でこの本を一部翻訳して、東野さんの原文とどれだけ変わるものかを
比べてみようかなぁ、なんて思ってます。ワクワク。

1932234071Naoko
Keigo Higashino Kerim Yasar
Vertical 2004-08-15

by G-Tools


しかし、まずはこれの第1話を読むつもり。
「ナルニア国物語」の原書です。
Yoshinoさんのオススメもあり、セットで買ってしまいました。

006076550XThe Chronicles of Narnia: The Magician's Nephew/the Lion, the Witch and the Wardrobe/the Horse and His Boy/Prince Caspian/the Voyage of the Dawn Treasure/The Silvair Chair/The Last Battle (7 volumes)
C. S. Lewis Pauline Baynes
Harper Entertainment 2005-11

by G-Tools

その他の「順番待ち」洋書は、昨日注文したSheldon。
本当に読みやすくて面白かったので。

邦訳「氷の淑女」。
上の「Sky is falling」の主人公、Dana Evans が初登場した本だとか。
復讐物というストーリーも面白そうなので、早速挑戦です。

0446604089The Best Laid Plans
Sidney Sheldon
Warner Books Inc 1998-08

by G-Tools

邦訳「ゲームの達人」。
評判が高いのでGET。早く読みたい!

0446355453Master of the Game
Sidney Sheldon
Warner Books Inc 1988-09

by G-Tools

|

« 新手振り込み詐欺 | トップページ | 手羽先づくし »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>>>高校くらいの英語で十分読めると思うので、原書で読むことをオススメします。<<<

うっちーさんは、そういってくれるけれど
う~~ん ほんとかな~
きっと無理だとおもう
だって、高校を出たのが遥か昔やもん


でもシドニー・シェルダンは、5年ほど前にハマッテいて、いろいろ読みました
題名は忘れてしまいましたが

チャレンジしてみようかな???

投稿: あけみ | 2006/04/16 20:03

>あけみさん

うーん、英語から離れてだいぶ経っていると、
ちょっと厳しいかもしれませんねぇ。
これを気に、「やりなおし英語」なんていうのも
楽しいかもしれませんよ!

私は「SSS学習法」というのを参考に、
少しずつ洋書に慣れていった経緯がありました。
簡単なものから、少しずつたくさん読んでいくというもので、
学習者向けの薄い洋書ならば、もっと読みやすいと思います。

そんな中でロアルド・ダールの
「チャーリーとチョコレート工場」の原書なども読みましたが、
それよりはSheldonの方が遥かに読みやすかった!
意外なようですが、本当なんですよ。

短く平易な文章で、会話が多いのが特徴でしょうか。
文法的に難しい長文などは全くなかったです。

政府がらみの話なんかでは難しい単語も色々出てきましたが、
恋愛絡みの部分などは、難しい単語が全くなく、
スラスラと読めました。

気が向いたら、上のSSSのサイトでも覗いてみて下さいネ。

投稿: うっちー | 2006/04/16 20:42

うっちーさん
ごていねいにありがとうございます
さっそくSSSのサイトに行ってきました
とっても心を惹かれています
考えてみますね

投稿: あけみ | 2006/04/17 06:27

お久しぶりです。
シドニー・シェルダン、私も以前ハマっていましたよ。もう10年くらい前ですが…。当時読んだもので1番面白かったのは、「真夜中は別の顔」(原題:The Other Side of Midnight)と、その本の続編「明け方の夢」(原題:Memories of Midnight
)でした。例の「超訳」で読んだんですが、続きが気になって眠れないほどでした。シェルダンは、まだ原書に挑戦したことがないのですが、読みやすいようですね。今度チャレンジしてみようと思います。

投稿: Juliet | 2006/04/20 00:00

>Julietさん

続きが気になって眠れないほどとは!!
それは是非読んでみなければ。

「超訳」は、読みやすくするために
原文を削除したり、原文に無い文をつけ加えたりしているそうですね。
それを聞いて、一気に読む気が失せたのです。
まあ、確かに「超訳」というだけあって、翻訳じゃないよなぁ、と。
でも、「超訳」になってから売れ始めたらしいので、
それはそれでいいんでしょうか。

ちなみに今は「ナルニア国物語」の原書を読んでいますが、
映画観てなかったらキツイなあと思います。
シェルダンの方が格段に楽に読めました!

Julietさんだったら、きっと楽勝です。
是非是非、チャレンジしてみて下さい。

投稿: うっちー | 2006/04/20 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/9621793

この記事へのトラックバック一覧です: 「積ん読」洋書&初めてのSheldon:

» ゲームの達人 [哀愁さがして三千里]
ゲームの達人 上 販売元:アカデミー出版サービスAmazon.co.jpで詳細 [続きを読む]

受信: 2006/05/03 16:35

« 新手振り込み詐欺 | トップページ | 手羽先づくし »