« パンだらけ | トップページ | 「小早川伸木の恋」比較 »

2006/02/01

小説「白夜行」

白夜行
東野 圭吾
4087474399

今、ドラマもやっているようですが、
映像翻訳講座の先生が「天才だ!!」と絶賛していたので
小説の方を読んでみました。

・・・・・・圧倒。

完璧に圧倒されました。

これがテレビドラマ?!
無理無理ーーーっ!!
完全に別物なのでしょうね。
それはそれで観てみたい気もするけれど。

東野圭吾は、確か「秘密」しか読んだことがありませんが、
これは泣けるいい話で、かつ衝撃のラストが印象的でした。

今回も、どんでん返しを期待して、
わりと気軽に読み進めていったのですが。

そのあまりの深遠さ、暗さに圧倒されてしまいました。

ラストの衝撃は、今までに感じたことのない種類の衝撃で。

共感というのでもないのに、なぜか嗚咽がこみ上げてきて。

いや、やっぱり一種の共感なのかな。

全てがわかった今、もう一度
最初のページからめくらなければ、という思いに駆られています。

ただの謎解きミステリーでないことは確かですが、
ありふれた純愛ドラマなんかではないことも確かです。
ネタバレはイヤなので、書きたいことが書けないのがもどかしい(^-^;)

800ページを超える、分厚い本ですが、
数日で読み終えてしまいました。
先が気になってどんどん読めてしまいます。

ちなみにこの「幻夜」が、「白夜行」の続編のようなものだとか。
これは読まなければ。

幻夜
東野 圭吾
4087746682

|

« パンだらけ | トップページ | 「小早川伸木の恋」比較 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。もぐらです。
白夜行・・・そんなに凄いっすか。
今ちょっと暇にしてるので読んでみよっかな~

投稿: もぐら | 2006/02/02 09:27

読みたい!!
ドラマはたまに見てるんですけど
これは読んだ方がよさそうだなと思いました。
時間ができたら必ず読みます(^o^)丿

『幻夜』が続編ですか。
チェックしておかなくては。。。

投稿: みか | 2006/02/02 13:56

相当そそられます^^
いつの日か必ず・・・BOOKOFFで購入するか、うっちーに借りに行きますぅ☆

投稿: ちかぞう。 | 2006/02/02 18:18

今日は風邪でお休みしてます。そこで、寝ていられない落ち着きのない私は、読書することにしました!!

たまたま、マイミクにいる子も日記で、東野圭吾を取り上げていて、うっちーさんの日記もタイトルは『白夜行』。新着日記の欄が、私に東野圭吾を読めとささやくのです。

さっそく読んでみますね~♪

投稿: エッグ | 2006/02/02 18:19

ひぇぇ~~、この反応の多さ。
東野圭吾、偉大ナリ。

>もぐらさん

ご無沙汰してます!
私はかなりツボにはまる小説でしたよ。
暗~~いの覚悟で、是非読んでみてください。
沖縄に住んでたら、こんな話は
絶対に書けないと思います・・・。

南は音楽が生まれるところ。
北は文学が生まれるところ。
私の持論です。

しかし東野さんは大阪ですね。
軽妙なプロットが大阪ならではってところでしょうか。

>みか

読んでみると、これを一体どうドラマ化するのよって感じです(^o^;)
案の定、すっごい変わってるらしいけど。
っていうか、原作のオチを1話目でバラしてる(!)そうなので、
ドラマのあとでは楽しめないのかも・・・。
うーん、ドラマ観てないのでなんとも言えません。

でも、ものは試しよね。
もう間に合わないけど、DVDになったら観てみようかな。

>ちか

今akkyが読んでます。
そのあと、多分私がもう1度読み返します。
じゃあ、そのあとチカかな(^ー^)゙

>エッグさん

ぴろっちさんですよね?
さっき、ご挨拶の書き込みしてきてしまいました(笑)。
何気に共通点多くてびっくりでした。

私もこれから、東野圭吾を読破してみようかと考えています。
でもエッグさんはその前に、ちゃんと体を休めないと!!
治らないですよ。
お大事にしてくださいね。

投稿: うっちー | 2006/02/02 20:59

あぁ、読みたいっっ!
でも、ドラマが終わってからにする~。
ドラマはmixiにも書いたけど、ウチの職場が
出てるから、できるだけ観てるの。
かなり重いよね。。。続編も必ず読むわ!!

投稿: わたろう | 2006/02/03 00:42

>わたろう

ドラマ終わってからの方がいいかもね。
昨日、ちょっと観てみたけど、
あまりに違いすぎて混乱しそうです。

でも小説のオチを、第1話でやってるのにはびっくりした。
ドラマのあとだと純粋な驚きや感動は味わえないかも・・・(-.-;)

投稿: うっちー | 2006/02/03 21:24

もう消してしまったけど、エミオの図書館というコーナーで、絶賛して紹介してた本なのよ~!!

最近ドラマ化で店頭でも目立つ場所に置かれるようになったけど、実は大分以前から平積みの場所に置かれつづけてる作品なのです。
エミオは東野圭吾は殆ど読んでいるけれど、中でもコレが大好きで、何度も読み返したよ。

ドラマの方は、ストーリーの大筋とキャラを借りた別物の話だと思って見ています。

小説のよさはまったく出ていない分、同じモノだと思ってみると結構ガッカリすることもあって。。。
ちなみにファンサイトでは結構ボロクソに言われてるね(^^;)
別の話だと思って読めば、それなりに楽しめるんだけどなぁ。

投稿: エミオ | 2006/02/04 02:34

>エミオ

ごめん、レスするの忘れてた(^-^;)

そうそう、エミオ確か好きだったよな~と思って
見に行ったらナイ!!
なんで消しちゃったの?
いっぱい書いてたのに・・・。

あれは、ファンがボロクソに言うのは当然だと思う。
しょうがない。
別物なのはいいとしても、あのラストが良いのに
それを一話目で見せたって言うのは超納得いかない。
(TBSの公式であらすじ読んだだけだけど)

あれ見ちゃったら、原作楽しめないよなぁ。

ユキホの視点もリョウジの視点も無くて、
全て想像するしかないところが良かったんだけどね。
ドラマは正反対だから・・・

でもよく東野さんはあの脚本でOKしたなと思う。

投稿: うっちー | 2006/02/05 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/8457834

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「白夜行」:

« パンだらけ | トップページ | 「小早川伸木の恋」比較 »