« 「ソウ2 -SAW2-」 | トップページ | 「ブラザーズ・グリム」 »

2005/11/18

まずは文化を知る!

土曜日の映像翻訳講座が始まってから、
書籍購入額がはねあがっています(^-^;)
毎回毎回、先生がとても面白そうな本を紹介してくださる!

もちろん、文法書や翻訳のノウハウ本もあるのですが、
もっとエンターテインメントとして楽しめる本をご紹介します。
あまりの面白さに、読み出したら止まりませんでした。
ちなみに漫画をまじえて書いてあるので、非常に気軽に読めます。

4769608276友達より深く楽しむ外国映画の歩き方
三笠 加奈子
こう書房 2004-04

by G-Tools

最近観た中では「ヴェニスの商人」にも登場しましたが、
なぜユダヤ人はここまで嫌われるようになったのか?とか。

「ショコラ」を観ていると、教会の中で男性は帽子を取っているが、
女性は着帽のままだけれどどうして?

カトリックとプロテスタントの違いって?
(「ゴージャス」と「シンプル」など、例え方も面白い)

警察とFBIとCIAの関係って?

その他、聖書にまつわる様々なことがらなど、
非常に簡潔にわかりやすくまとめてあります。
まさに、西洋文化のトリビア本。
今後、外国映画を何倍も楽しめるようになることうけあいです。

字幕を作る際にも、やはり文化を理解していないと難しい面が多いので、
こういった雑学は非常に大切だと思いました。
前回の課題「フォレスト・ガンプ」では、
南北戦争やKKKについて色々と調べましたが、
その辺についても、この本にはもらさず書いてあります。


ただ、一つ気になることが。

「ショーン・コネリーの娘、ジェニファー・コネリー」という記載がありましたが。

これは、おそらく間違いだと思われます・・・。
聞いたことありませんし、綴りも違いますから。

|

« 「ソウ2 -SAW2-」 | トップページ | 「ブラザーズ・グリム」 »

映像翻訳」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

やった~
もう申し込みましたよ
すごく気に入りそうな気がして
とても楽しみに待っています

うっちーさんは、きょうも忙しく充実したいちにちでしょう
風をひかないでくださいね

投稿: あけみ | 2005/11/19 06:48

>あけみさん

もう買ってしまいましたか~早い!!
紹介するのも責任重大ですね(^-^;)
でもこれは面白いこと保証できます。

今週末は、どうしても抜けられない仕事があったため、
講座もお休みすることになってしまいました。
欠席分は、録画して送ってくれるんですけどねo(^-^)o
来週の土曜日は講座に出席して、日曜日は英語の試験があります。

年末に向けてバタバタと忙しいですが、
がんばりますよ~。
だいぶ冷え込んできたので、あけみさんもお体には気をつけてくださいね。

投稿: うっちー | 2005/11/20 22:47

私は元気ですけれど
うっちーさんも、akkyさんも
年末が近づいて益々お忙しいことでしょう
お身体もいたわってくださいね

うっちーさんが気に入った~といわれると
私は文句なしに気に入ります
ありがとう

投稿: あけみ | 2005/11/21 10:05

こんにちは。この本の制作を担当した あまろ~ね と申します。本を読んでくださりありがとうございます。内容も気に入っていただけたようでよかったです。しかも、こうやってBlogで紹介までしていただき、担当者としてうれしいかぎりです。

つきましては、うっちーさんが書いてくださったこの紹介文を、うちのBlog「未公認なんですぅ」(http://free.txt-nifty.com/free)に転載したいのですが、よいでしょうか。読者さんが書いてくださった紹介文・感想文を、できるだけうちのBlogでも紹介したいと思っているのです。よろしくお願いします。

ちなみにショーン・コネリーとジェニファー・コネリー、親子じゃなさそうですね(さっき、ネットでちょっと調べてみました)。著者さんに報告して、増刷の機会がありましたら修正するようにいたします。ご指摘、ありがとうございます。

投稿: あまろ~ね | 2005/11/21 11:38

>あけみさん

ありがとうございます(*^。^*)
そろそろ風邪をひきそうな気もするので、
気力で乗り切ります~。
これからも面白いものはどんどん紹介していきますね。

>あまろ~ねさん

こんにちは、ご訪問ありがとうございます。
まさか編集者の方がいらっしゃるなんて、嬉しい驚きでした。
インターネットはこういう出会いがあるから面白いです。

紹介文の転載は、もちろんOKですが、
もっと気合入れて書けばよかったですね・・・(^-^;)
日記の延長のようなものなので。

あまろ~ねさんのブログ、拝見させていただきましたが、
仕事への真摯な情熱に心から感動してしまいました。
会社とは関係ないところで、こうして自社の本をアピールしたり、
というのは、純粋に自分の仕事に対する愛情があるからですよね。
私自身も昔から本が好きで、校正や翻訳チェックの仕事をしており、
弟が出版社に勤めているということもあって、
とても面白く読ませていただきました。
お気に入りに登録させていただきたいと思います。

私は昔から映画が大好きで、この本は本当に夢中で読ませていただきました。
知らないことがたくさんで、とても面白かったです。

ショーン・コネリーとジェニファー・コネリーについては、
確かに親子と書いてあるHPもあったりして、迷ったのですが、
公式に書いてあるページは見当たらず、おそらく違うだろうと思いました。
映画ファンゆえに気になってしまって・・・(^-^;)

それでは、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
これからも面白い本を期待しています。

投稿: うっちー | 2005/11/21 22:46

ありがとうございます。そしたら、今週中か、遅くとも来週には紹介させていただきますね。

出版業界はなんだかもう「毎月新刊を出し続けること」が目的みたいになってきてるような部分がある感じがして、せっかく一生懸命つくっても「継続的に告知したり販促したりすること」が会社としてはできにくい感じがしています。だから、自分でできそうなことはしなくちゃと思ってます。

ショーンとジェニファーの「コネリー」つながりですが、ショーンはイギリス人だけど、ジェニファーはアメリカ人のようですね。ジェニファーのお父さんはファッション関係のデザイナーのようなことが書かれているサイトを見ました。

投稿: あまろ~ね | 2005/11/22 10:37

>あまろ~ねさん

了解いたしました。

あまろ~ねさんのように、仕事に愛情をもって取り組んでいる方を見ると、
なんだかとても勇気をもらえます。
これから、一冊の本に相対する姿勢が変わりそうです。
消費社会ですから・・・辛いところですよね。

これからも応援しています!
また、何か読んだら感想を報告させていただきますね。

投稿: うっちー | 2005/11/24 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/7186482

この記事へのトラックバック一覧です: まずは文化を知る!:

» 新宿のジュンク堂さんでは見つけられませんでした(T_T) [未公認なんですぅ]
最近は制作作業に追われていることもあり(という言い訳のもと)、あんまり書店さん [続きを読む]

受信: 2005/11/24 17:48

» 実家に帰ってみれば [いったんたん〜素晴らしき哉、我が人生]
久しぶりにでもなく実家に帰ってまいりました。 やはり実家は楽だ。黙っていても飯は出てくるし布団はふっかふかだし洋服もいつのまにかきれい。一人暮らししてるからこそわかる親のありがたさ。ありがたい。 まあ別に少し思っただけ。 そんなことよりせっかくの夏休み....... [続きを読む]

受信: 2005/11/30 15:23

« 「ソウ2 -SAW2-」 | トップページ | 「ブラザーズ・グリム」 »