« ついにギガバイト・・・(T-T) | トップページ | タイの思い出-その5- »

2005/11/02

Amazon、事前に本の中身をチェック

リンク: Yahoo!ニュース - ITmediaニュース - 事前に本の中身をチェック Amazon.co.jp、書籍全文検索を開始.

 「Amazon.co.jp」を運営するアマゾンジャパンは11月1日、書籍を購入前に全文検索・閲覧が可能な「なか見!検索」を始めた。米国などで開始済みの「Search Inside!」の日本語版で、和書と洋書合計13万冊以上が対象。必要な書籍を見つけやすくなる上、事前に書籍の中身を確認してから購入できるようになり、ユーザーの利便性が高まるとしている。

 現在の書籍検索機能から統合的に利用できる。検索窓に探したい単語などを入力して検索すると、書名のヒット分に加えて、書籍内の全文検索結果も別タブで選んで表示できる。

 検索結果ページには、全文検索にヒットした箇所の引用が表示され、クリックすると実際の書籍の該当ページが表示される。デザインやレイアウト、写真、挿絵などは実際の書籍と同じ状態で閲覧可能だ。

以前から噂はありましたが、ついに実現のようです。

私はAmazonをかなり前から愛用していますが、
こういった全文検索ができるといいなあ~と思っていました。

例えば、
「『トンネルを抜けると、そこは雪国だった。』
って何の本だっけ?」
と、1フレーズしか思い出せないときなど、重宝しますよね。

そしてまたすごいのが、書籍のレイアウトなどを、
そのままの形で参照できるということです。
字は大き目か小さ目か、事前にチェックしたり、
例えば洋書にチャレンジするときに、どの程度の難易度か覗いてみたり、
様々な活用の仕方が考えられます。
(洋書は、街で買うより、断然Amazonの方が安い!!)

写真や、挿絵もそのまま見られるんですよ。
もちろん、全頁は見られないようになっています。

書籍のデータ化などは全てAmazonが請け負っているとのこと。
すごいですねぇ。
ものすごい労力でしょう。

しかし、全文検索と豊富なユーザレビューで、
Amazonの地位はさらに確固たるものになりそうです。
私のAmazonでの立ち読み(?!)も、
さらに時間がかかるようになりそう・・・(^-^;)

そのうち、歌詞でCD検索なんてできるようになるのかしら。

|

« ついにギガバイト・・・(T-T) | トップページ | タイの思い出-その5- »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ロスカラ限定版 ミリタリーウォッチに多く見られる引き通し式のファブリック製ストラップ、通称NATOベルトが今、時計界を席巻している。
「黄金の10年」と言われる1960年代のイタリアの雰囲気を腕時計で表現したシンプルデザイン。
ロレックスのファミリーブランドにして、昨年日本上陸を果たしたチューダーは、カジュアルな装飾表現に積極的。
航空計器を具現化した非常に特徴的なデザインであるBELL&ROSS BR01シリーズ。
ベルロスは革モデルの航空計器のデザインが多いですがラバーストラップのダイバーズモデルも面白いモデルだと思います。
数週間にわたる着用テストでも、歩度測定器による結果が実証されることとなり、マイナス14〜マイナス20秒/日もの日差が観測された。
サブマリーナと1、2を争う人気モデルであり、傑作スパイムービー”007″シリーズの「カジノロワイヤル」や「慰めの報酬」などで、主人公ジェームズ・ボンドが着用していた事でも有名です。
ダイバーズウォッチはその名の通り、水中での使用を想定して作られた高防水機能を備えた腕時計です。
Amazonでは現時点でマケプレのみの扱いなので、どっか当日行けるお店で予約しよ、と思い早数日(´・ω・`)ゞ 今出てる店舗情報のうち、私の行動範囲内で遅くまで営業してて、ネット予約+店頭受け取りできればなおよし、な条件を満たしているのは新宿のとらAさん(23:00までやってる;;)。
世界初のダイバーズウォッチとして不動のネームバリューを誇るロレックス サブマリーナー。
「この、ベル&ロス Ref.BR01-93 GMT-Rを選んだ理由は、初めて見たときのインパクトが忘れられず、かっこよすぎてBRシリーズを2本買ってしまいました。
その為、実際より経過時間を短く表示するとダイバーの命に関わるため、反時計回りにしか回転しない仕組みになっています。
なおベル&ロスはもともとウォッチメゾン(メーカー)ではなく、腕時計オタク2人(ブルーノ・ベラミッシュ氏とカルロス・ロシロ氏)が1991年、パリにて創業した”デザイナーズ”腕時計ブランド(1998年にシャネルと提携し、最近は”自社”ムーブメントもリリース)。

正規品と同等品質のコピー品 https://www.yutee007.com/protype/list-206.html

投稿: 正規品と同等品質のコピー品 | 2020/06/26 06:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Amazon、事前に本の中身をチェック:

» Amazon Japan、「なか見!検索」を開始 [[K]こあら日記]
本屋さんでページ開いて内容を確認して購入するのと同じってこと?でもね、おいら、読みやすいフォントか、字の大きさのバランスとか、意外とそういうとこを重要視するんだよね。だから、実物の画面イメージもやって欲しかったなぁ・・・でも、これで十分だろうね。 ちなみ....... [続きを読む]

受信: 2005/11/03 08:55

« ついにギガバイト・・・(T-T) | トップページ | タイの思い出-その5- »