« 初講義 | トップページ | 「夜想曲」by及川光博 »

2005/10/24

五才(いつつ)の頃

今日はすっかり残業で遅くなってしまいました。
映像翻訳の課題について書いてみようかと思っていましたが、
また後日・・・。

そういえばタイ旅行記も完結していない( ̄□ ̄;

なんとなく今日は、中島みゆきの
「五才(いつつ)の頃」という曲が頭の中で流れていました。
ノスタルジックでほろ苦い、素敵な曲です。

マイナーな曲なので楽譜などもないのですが
ギターで弾き語ってみたいなあ・・・とLADYBIRD片手にポロポロ。

どうにかそれらしく弾けました。
コード3つでいけます。
「STAND BY ME」なみに簡単です。

エンドレスで弾いていると、なんだか淋し~くなってきてしまいました。

「時は流れすぎて 大人になって
涙流しながら 泣けなくなった」

という歌詞があります。

そういえば、泣かなくなったなあ。
映画を観て泣くのはまた別の話だし。

痛いから泣く、とか、
悲しくて泣く、とか、
淋しくて泣く、とかいうことが、なくなりました。

そんなふうに泣いたのはいつのことだろう・・・。

五才の頃は泣いていたのです、間違いなく。

|

« 初講義 | トップページ | 「夜想曲」by及川光博 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

あ~、そうかも…。
そういえば、嬉しくて涙が出るとかもいいなあ。歳をとるにしたがって、感情の起伏がなくなってくるのでしょうか?でも涙は…私はいらないです♪怒りも、激情もいらないなぁ。笑いだけでいい(*^-^*)

投稿: ミオリン | 2005/10/25 00:38

>ミオ

ミオがいらない「涙」というのは、
悲しみや寂しさのことだと思うけど、
怒りにしても激情にしても、なくすのは無理だよね。

そういうときに我慢したり、無いフリをしてしまうのが
大人なんじゃないかな。
そういう淋しさを歌っているように感じます。

素直に「エーン」と泣いてしまえれば
楽になることもたくさんあると思うんだけどね。

投稿: うっちー | 2005/10/25 07:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/6554546

この記事へのトラックバック一覧です: 五才(いつつ)の頃:

« 初講義 | トップページ | 「夜想曲」by及川光博 »