« タイの思い出-その2- | トップページ | タイの思い出-その4- »

2005/09/29

タイの思い出-その3-

9月12日(月)

うーん、なんだか一日目でネタ(&写真)を使いすぎてしまった気も(^-^;)
観光らしい観光って、あまりしなかったからなぁ。
ブラブラと街を歩くのがとっても楽しかったし。

さて、3日目。
この日は、近所を散策してみようと決めてました。
ゆっくり起きて、美味しい朝ごはんをたらふく食べて。
のんびりのんびり、行動開始は毎日お昼ごろでした。

ホテルの近くに、「ロビンソンデパート」という大きなデパートがあったので、
まずはその中のクーポン食堂にチャレンジしてみることに。
ボラれる心配もなく、地元の食べ物が食べられます。

とはいえ、まだあまりお腹が空いていなかったので、
ガイ・ヤーン(鶏のあぶり焼き)とビールで乾杯。
お店のおじさんに、英語でも大丈夫かしらとドキドキしながら
「シン・ビアー、プリーズ」と言ったら、「シンハ・ビールね」と返されました( ̄□ ̄;

日本語じゃん!!

こんなことがよくありましたねー、観光客の多い場所では(^-^;)

そうそう、この時、後ろの席の地元の人と少しお話しました。
小さな子供がいて可愛かったので、手を振っていたりしていたら、
お母さんらしき人が「Are you Japanese?」と話しかけてきてくれて。
軽く自己紹介し合いました。

英語がかなり使えるようでびっくり。
あとで迎えに来た旦那さんは、軍服姿でした。

しかし、親しげに近づいてきて自宅に招待し、
クスリを飲ませて貴重品を盗む・・・・
というような話を事前に聞きすぎていたために、ちょっと警戒してしまった私。
ちょっと話しただけで、その場でお別れしたのでした。

タイのデパートの感想は、高いものはやっぱり高い、です。
ブランド物や電化製品は、物価の安いタイといえども高い。
そもそも、販売対象が外国人なのでしょうね。
特に電化製品は法外に高くて、
iPodの20GBが約6万円くらいだった気がします。
(日本では3万円強ですよね)

この写真の右上の方に見える看板がロビンソンデパートです。
悪名高いバンコクの交通渋滞はすごかった・・・。
しかも半分以上(?)がタクシーです。
初乗り35B(約100円)は安いですけどね。
左に見えるのが、BTSというモノレールのサラデーン駅です。

DSC00303

それと、タイには歩行者用の信号がほとんどないんですよ~。
毎日、道路横断は命がけでした。
おまけに信号無視なんて日常茶飯事ですから、
こわいったらありゃしない!!
信号を守っている車が、クラクションを鳴らされる国なのです。

デパートのあとは、BTS(スカイトレイン)の乗車にチャレンジ。
メトロカードのような100バーツ分のチケットを活用。
日本円にしたら300円足らずですが、5~6回は乗れますo(^-^)o
駅はこんな感じ。日本よりはるかに綺麗でした。

DSC00295

サラデーン駅から、サイアム駅で乗り換えて、プロームポン駅へ。
非常に大きなデパート、エンポリウムを散策。
ここで歩き疲れた頃にネットカフェを発見しました。
その時書いた日記がこちらです(笑)。

エンポリウムの隣には大きな公園がありました。
そこでしばし、ボーっとすることに。

DSC00296

売店で、タイ限定のプリッツ、「ラーブ味」を発見。
辛くて美味しいと聞いていたので、買ってみることにしました。

akky、「指さし会話帳」を片手に、タイ語にチャレンジ。カッコイイぞ!
「コートー(すみません)」
「キッタンドゥーアイ(おいくらですか)?」

お店の人「シッ(プ)バーッ」

し、しまった!!わからん!!
タイ語で聞いたからタイ語で答えが返ってきてしまいました。
・・・・あたりまえか。

しかしここで、箱に値段が書いてあることに気づくakky。
10B。ほっと一息(^-^;)
これでタイ語の「10」は「シッ(プ)」だということが胸にきざまれました。
やっぱり、実践が一番です。忘れませんもん。

ベンチに座って、プリッツタイム。
辛い!辛いけど美味しい~!!
会社へのお土産はこれに決定です。

DSC00297

タイ語の勉強をしながら、akkyと二人プリッツをつまんでいると、
なんと木の上に野生のリスが!!
残念ながらすばしっこくて、写真は撮れませんでしたが、
なんだかしみじみと幸せを感じる時間でした。

予想以上にプリッツが美味しかったので、
夜のおつまみ用にもう一箱買うことにしました。
今度は私が今調べたタイ語で!!

「コートーッ(すみません)。
アオアンニー(これください)」

おお~~、普通に通じた!
こんな、何でもないことが一番楽しかったりしました。

夜は、有名なパッポン通りのナイトマーケットに。
いやーすごい。すごいです。
ほとんどがバッタもんです・・・。
ヴィトンのビーチサンダルとかありましたけど、存在するんですかね?(笑)
ネタとしては面白いかもしれませんけど、一応犯罪ですから、
買うのはやめておきました。

ゴーゴーバーや、怪しいショーパブの呼び込みも、かなりしつこかったな。
しかも、超キレイだと思うと男だったりするから、油断できません。
とりあえず冷やかすだけ冷やかして、ホテルのマッサージへ向かいます。

この日は、フットマッサージだけ、1時間お願いしました。
ホテルだから高いのですが、それでも320B(900円くらい)。
歩き回った足には物凄くききました~ヽ('ー`)ノ
チップを50B渡してきましたが、多分あげすぎですね、コレ。
この後、マッサージには毎日行くことになります。

うっとりしながらお部屋に戻りました。
こりゃもう、日本のマッサージなんて行けないな・・・。

夜は、実家に絵葉書を書きました。
ハガキはコンビニで5B(約15円)、切手代が12B(約36円)でした。
( ゚o゚)ハッ
日本国内でハガキ出すより、この国際郵便の方が安いなんて。

明日はどうしようかー、なんてしゃべりながら、
バンコクの夜は更けていくのでした。

~まだまだ、つづけて良いですか?~

|

« タイの思い出-その2- | トップページ | タイの思い出-その4- »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お土産でもらったタイ限定のプリッツ、本当に美味しかったよー(^o^)私もこの間オーストラリアに旅行に行ったとき、英語で恥ずかしい出来事が…。海に行こうと思い、コンシェルジェ(金髪・蒼い目のめっちゃ外人さん)にタオルを貸してもらうため、「Can I bring…」と、何とかタオルを借りたい意向を伝えたら、「タオルですね、かしこまりました。」ととても流暢な日本語でお返事をいただきました(-_-;)こちらの努力を汲みとって、英語で応えてくれればいいのにぃ…ぷん!

投稿: ミオぽん | 2005/09/30 02:39

見知らぬ土地を歩き、人と触れ合う!まさに旅の醍醐味ですね。
旅行って、名所を見たり自然に振れたりももちろんいいですが、普通に歩いて生活を見聞きする、それがすっごくよかったりしますよねー。
今はなかなかゆっくり休みとれないから、どうしても目的地に最短で!みたいな感じになっちゃって寂しいです。
あ、あとでメールしますね。またなにか楽しいこと企画しましょう♪

投稿: ミコ | 2005/09/30 09:55

>ミオ

わかるわかる、なんか恥ずかしくなるよね。
でも、タイで思ったのは、
日本語で返してくる人たちが、
ちょっと得意げな顔をしているってこと。
たぶん、向こうも頑張って覚えた日本語を
披露したいんだろうなーと思いました。

「日本語上手ですね~!」
って言うと、みんなすごい喜んでたよ。
逆に向こうが「コンニチハ」と言ってきても
「サワディーカー」と返したりしてました(笑)。
これぞ国際交流!!

>ミコちゃん

そうなんだよねー、限られた時間というのが葛藤だよね。
もともと私は気ままに動きたい方なので、
スケジュールとかきっちり立てる旅行は苦手なんです。
普段いそがしいから、のんびりもしたいしね。

ホテルまで移動してたミコちゃんたちの旅行とは対照的に、
一箇所にマッタリと留まってました。
今度、いろいろ土産話しあいましょう♪
4人で旅行なんてどうですか?

投稿: うっちー | 2005/10/01 01:31

四人で旅行ですか。学生みたいで楽しそうですね。
軽井沢でよければいつでも提供しますぜ。
でもきっとまたakkyさんは「なんでお前ら俺が寝るのを邪魔するんだ!!」って言いながら、アンズを投げますよ。
あの瞬間、実はちょっと可愛い…と思いました。

投稿: ミコ | 2005/10/01 08:55

>ミコちゃん

あはは、アンズ投げてたねえ!!
akkyの睡眠欲はとどまるところを知らないのです。
平均して私の倍以上は睡眠とってるはず・・・。

軽井沢って?
もしかして、別荘持ちですか( ̄□ ̄;

投稿: うっちー | 2005/10/02 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/6175884

この記事へのトラックバック一覧です: タイの思い出-その3-:

« タイの思い出-その2- | トップページ | タイの思い出-その4- »