« 三十路になりました。 | トップページ | 賞与♪ »

2005/07/14

「アイランド」ジャパン・プレミア

7月23日封切予定の映画、「アイランド」
一足先に観賞して来ました!!
公式サイトはこちら

受講していた「日本映像翻訳アカデミー」からの無料招待。
来日中のマイケル・ベイ監督の舞台挨拶もある、ジャパンプレミアです。

通訳で戸田奈津子さんもいらっしゃいました。
二度目ですが、やっぱり感激。
戸田さんのおかげで、私は色々な外国映画に触れることができたのです。

会場は、東京国際フォーラム・ホールA。
舞台やライブではよく行きますが、・・・・・ここで映画??
と、最初は不安でいっぱい。
だって、収容人数5000人以上の大会場ですよ?
大き目の映画館でも5~600人程度だというのに。

仕事が終わってぎりぎりで駆けつけたので、結構後ろの席になってしまいました。
しかし、普通にちゃんと見えるのでびっくり。
舞台全体がスクリーンで覆われるほどの、大スクリーンでした。
かえって前の方の席の人の方が辛かったのではないでしょうか・・・。

予想以上に音響もよく、わくわくしながら上映開始。

このマイケル・ベイ監督とは、「アルマゲドン」「パール・ハーバー」の監督。
両作とも観ましたが・・・ええと。
あの、率直に言うとあまり期待していなかったんです、今回も。

しかし!!
とても面白かったです。
「パール・ハーバー」の戦闘シーンで30分以上眠ってしまった私ですが、
今回は夢中になって最後まで観ることができました。

ネタバレしない程度に話しますと、この映画は人間のクローンの話なんですね。
もちろん、設定は未来。
いろいろな目的で、大金をつぎこんでクローンを開発するのだけれど、
予想外のことが次々に起こり始め、制御不能になっていく・・・

科学万能社会への警鐘という、実に普遍的なテーマを扱っているのです。
根本は「A.I.」「アイ,ロボット」と同じ。
ロボットとクローンという違いだけで、共通部分が非常に多いです。
ここ最近の、このようなテーマの多さには人類の危機感を感じます。

だって、ロボットとかクローンとか、
もう想像だけの領域ではなくなってますからね。
切実です。

ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソンの演技もなかなか良かったし、
ショーン・ビーン(「ロード・オブ・ザ・リング」のボロミア役)の出演も嬉しい。
スカーレット・ヨハンソンって、男性なら皆グッときちゃうんだろうなあ。
ユアンは、つい先日エピソード3のオビ=ワン役で観たばかりなので、
あまりのギャップに噴きそうになってしまいました。

アクションシーンも、かなり派手でした。
「宇宙戦争」にも見劣りしないくらい・・・と言ったらちょっと言いすぎ?
ただ、やっぱりこの監督の映画はちょっとアクションシーンが長い。
少なくとも私には、長く感じられます(^-^;)

最後に、一番の問題点!!

この映画、画面が全体的に白っぽいんですよ。
クローンたちの衣服も皆白だし、建物の中も白だし。
その上に、白文字で字幕が出るんです。

勘弁してください。

全く読めないです。

あれはちょっと改良できないのでしょうか。
3割くらいは全く読めないまま終わった気がします。

公開までに、何か対策がなされればと思いますが。
もう今さら無理なんだろうな・・・。

|

« 三十路になりました。 | トップページ | 賞与♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

アイランド・・私の同僚も確か試写会で観にいっているはず。
「パールハーバー」の監督さんの映画なんだ・・
わたしも「パールハーバー」では途中で寝てしまった記憶があり。でも面白そう。。字幕が読めないのは困ったことだけど。。

戸田奈津子さんといえば、「英語」「映画字幕」「ハリウッドの超ビッグスターが来た時の通訳」っていうイメージがあったんだ。
でもね、韓国映画を観ていると、字幕監修で戸田奈津子さんの名前が出てくるだよ。(勿論、字幕翻訳は別の人だけどね)
やはり映画字幕といえば、戸田さんなんだね。
思わず「う~ん」とうなった経験があり。

投稿: yumichiko | 2005/07/17 20:59

>yumichiko

うん、これはなかなかオススメだったよ。
ちょっとグロイ映像もあるけど。

映像翻訳というのは、特殊な翻訳なので色々と制限があるのです。
字数制限が有名だけど、その他にも倒置法は極力つかわないとか、
わかりやすくするためのルールが色々あります。

だから、まずその言語が分かる人が訳して、
それをルールにのっとった形に直す(つまり監修)が必要になってくるんだよね。

ちなみに、希少言語の字幕はまず英語に訳したスクリプトがあって、そこから日本語字幕を作成することが多いです。
これだと、ロシア語の映画の字幕翻訳が戸田奈津子さんということもあり得ます。

戸田さんは、海外滞在経験がほとんどゼロにも関わらず、大活躍してるよね。
ほんとすごいと思う。
有名すぎていろんなところで叩かれていて気の毒です。
ほとんどが、字幕のルールを知らない的外れな攻撃なんだけどね。

投稿: うっちー | 2005/07/20 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/4988884

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイランド」ジャパン・プレミア:

« 三十路になりました。 | トップページ | 賞与♪ »