« 驚くほど簡単!iPodの使い方 | トップページ | Girls aloud »

2005/06/19

「クローサー」

やっと観てきました~。
もう近所の映画館では一日一回しか上映していませんでした。
しかも朝一、10時の回です(^-^;)
日曜だと言うのに、いそいそと早起き。

キャストは豪華ですが、やはり大衆向けではなかったんでしょうね。
R-15指定だし。

その割には、ベッドシーンは一切なしです。
(もとは同名の舞台劇ですから、当然と言えば当然)
では何がすごいかというと、会話。
きわどい会話、下ネタが、これでもかと繰り広げられます。
それでも不思議と下品に感じないのは、やはり役者のおかげでしょうか。

リアルなんですよね、とっても。
4人の男女がくっついたり離れたりと言う、他愛もないストーリーではあるものの、
一つ一つの言動や行動が、やけにリアル。
「あー、いるいる、こんな奴」
「男って、やっぱりどうしようもないよね~」
そんな台詞が思わず口をついて出てしまいそうです。
そういうディティールを楽しむ映画かな、とも思います。

映画というのは、結構音楽をかぶせてあるシーンが多いものですが、
この映画はそれが非常に少なかったです。
シーンとした中で、ただ台詞だけがやりとりされる。
役者と役者の真剣勝負。
そんな、ピンとはりつめた空気感も魅力でした。

その中でも、ダントツで光っていたナタリー・ポートマン。
ハーバード大学をトップで卒業し、映画界に復帰した彼女ですが、
今回の存在感はすごいです。
今、映画を思い出してみても、彼女の顔ばかりが浮かびます。

ストリッパーの役で、結構きわどいシーンもあります。体当たりの演技。
でもすっごく魅力的。
かわいらしくて、純粋で、強くて、謎めいていて。
画面に出てきたとたん、見せ場を全てかっさらってしまいます。

この映画で、ナタリーはアカデミー助演女優賞にノミネート。
クライブ・オーウェンは同助演男優賞にノミネートされています。

ジュリア・ロバーツは、驚くほど精彩に欠けていました。
もともとはジュリアの役は、ケイト・ブランシェットに決定していたそうです。
妊娠で降板したとか。
ケイトの方が面白い演技を見せてくれたかもなあ、と思います。

ちなみにakkyは「よくわからん映画」と言ってました。
たしかに、丸投げされる感じ(?)の映画です。
すっきり、起承転結で終わるのではなく、
こんなことがあったけど君はどう考える?といったスタンスの映画。

私は楽しめましたよ~(^-^)/
消化不良が苦手な方には勧めません(笑)。

原作の戯曲はこちら。
残念ながら今は売り切れているようですが、手に入れば読んでみたいです。

4874153879クローサー
パトリック マーバー Patrick Marber 岩井 真実 上田 修
海鳥社 2002-06

by G-Tools

|

« 驚くほど簡単!iPodの使い方 | トップページ | Girls aloud »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/4655347

この記事へのトラックバック一覧です: 「クローサー」:

« 驚くほど簡単!iPodの使い方 | トップページ | Girls aloud »