« トラックバックスパム | トップページ | ピアノで映画音楽♪ »

2005/02/02

「スーパーサイズ・ミー」

1ヶ月間、毎日3食、マクドナルドのみで食事をとったらどうなるか。

それを検証した、単館系ドキュメンタリー映画です。
(現在、ワーナーマイカル系列のみで公開中)
監督であるモーガン・スパーロック自身が、体をはって実験しています。

アメリカのマックにはなんと、「スーパーサイズ」というものが存在していて、
それはもう日本人にはありえない大きさ。
「ポテトはいかがですか?」のノリで
「スーパーサイズはいかが?」と聞かれるわけです。
この実験において、聞かれたら必ず、
スーパーサイズにしなければいけないというルールがあります。

そしてタイトルが「スーパーサイズ・ミー」。
つまり、「僕をスーパーサイズにして」。

・・・・面白いですね。

(この映画の公開後、スーパーサイズはなくなりました。
映画とは関係ないそうです。そんなバカな。)

アメリカで、肥満はマクドナルドの責任だという訴訟が起きました。
これは皆さんご存知だと思います。
結局、敗訴でした。「肥満は自己責任だ」と。
まあ、当然でしょ!って思うのですが。

監督の着想は、ここから。
「本当にファーストフードに責任はないのか」検証する、というわけです。

(ちなみにこの時にできた通称「チーズバーガー法」がまた面白い。
「肥満をファーストフードのせいにする訴訟を起こしてはいけない」という法律です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・)

長編ドキュメンタリーといえば「華氏911」が記憶に新しいですが、
これはマイケル・ムーア監督の悪ノリも、結構鼻につく作品でした。
それに比べて、本作品「スーパーサイズ・ミー」はいたってマジメ。
もっとおふざけもあるかと思っていましたが、とても真摯に作られています。

マクドナルドを攻撃するのが目的でもない。
アメリカの、社会全体の食生活への警鐘を鳴らしているのです。

驚きの事実がいくつも出てきます。
例えば、一般的な給食がピザとポテトだったりします。
他に選択肢がないんですよ。しかも、毎日。


「私は野菜だけにするの」と言う女子の手には、フライドポテトが・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(絶句)


そして街頭インタビュー。
「カロリーって知ってる?」

これ、ほとんどの人が答えられないんです。
大人もですよ。
「あー、なんか聞いたことあるなあ。なんだっけ?」
こんな感じ。

もう、あれですね、私たちとは意識が違いすぎる。
基本的な知識も、多分全然違うでしょう。
ファーストフード云々の問題じゃないんですよ、まさに社会問題。
ひいては、教育の問題です。

いやあ、日本の給食ってすごいなあと、初めて心から思った気がします。

結局、一ヶ月のマクドナルド生活を通して、
監督は「命に関わる」ところまでいってしまうわけですが。
その辺は是非、ご自身の目で確かめてください。

監督の恋人は、肉を 肉む 憎む究極のベジタリアンでした。
ジャンクフードか、ベジタリアンか。
その中間はないのね・・・・ヽ('ー`)ノ

|

« トラックバックスパム | トップページ | ピアノで映画音楽♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/2787000

この記事へのトラックバック一覧です: 「スーパーサイズ・ミー」:

« トラックバックスパム | トップページ | ピアノで映画音楽♪ »