« コレット著 「シェリ」 | トップページ | 「サウンド・オブ・ミュージック」来日公演 »

2005/01/19

「イギリスはおいしい」

イギリスはおいしい
イギリスはおいしい

林望さん著。本屋で衝動買いしました。
食べ物ネタに弱い私です。
料理がまずいことで知られるイギリスの名誉挽回?!

・・・と思いきや、やはり「まずい」ものの話から始まります(^-^;)
いやあ、読んでいるだけでそれはもう、まずさがつくづく伝わってくるほど。
「塩に関する感覚が皆無」
「なんでも煮込むだけ」

例えば、ぐつぐつ煮込んだきゅうりに、
「好きなだけおかけください」と塩が添えられて供される。
そんなイメージ。

・・・・うぇ~~~( ̄□ ̄;)

結局、おいしいものというのは「料理」ではなく「食材」がほとんどでした。

興味深かったのは、イギリス人が食に無関心なのは、
「食べ物などに興味はない」素振りをするのが紳士のふるまいである、
という考え方からきているということ。
つまり、目の前に食べ物があるときに
「うわー、おいしそ~~」などとがっつくのは品がないとされるわけです。
それで、無関心を装う。

食文化が発展しないわけです。

同じ島国として、国民性などに似た部分が多く見受けられる日本とイギリスですが、
食に関しては正反対ですね。
何でもとりこんで、発展させてしまうのが日本の得意技ですから。
面白いなぁ、と思います。

私のイギリスへの関心は、井形慶子さんの本で培われました。
かなり欲目も入っているでしょうが、イギリスの魅力が存分に伝わってきます。
イギリスの質素で豊かなライフスタイルには、見習いたい部分がたくさん。
井形さんの本はほとんど読破しましたが、初めて読んだのはこれでした。
オススメですo(^-^)o

いつかイギリスに暮らすわたし
いつかイギリスに暮らすわたし

|

« コレット著 「シェリ」 | トップページ | 「サウンド・オブ・ミュージック」来日公演 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/2632019

この記事へのトラックバック一覧です: 「イギリスはおいしい」:

» [おいしい風呂本]イギリスはおいしい/魚をボイルかよ [八方美人のガスぬき]
「イギリスはおいしい」林望ヤフオクで素人スコーン旋風が吹き荒れたことがあったけど、この本読むと、とりあえず中沢のクロテッドクリームを買いに走りたくなる。一番近く... [続きを読む]

受信: 2005/01/24 02:37

» イギリスはおいしい [映画は世につれ、書は人につれ]
イギリスはおいしい林 望文芸春秋 1995-09売り上げランキング : 26,8 [続きを読む]

受信: 2005/02/19 12:01

« コレット著 「シェリ」 | トップページ | 「サウンド・オブ・ミュージック」来日公演 »