« 「ターミナル」 | トップページ | 車両に不審な液体 »

2004/12/20

「ネバーランド」に期待

これは、確実に面白くて泣ける、良い映画ですよ。
私の、予告を観たときの勘は、かなり当たるんです。(ほんとですよ~)

「FINDING NEVERLAND」
ピーター・パンの生みの親である、
劇作家ジェームズ・バリにまつわる物語、ということですが・・・。

いやあ、なんだか予告だけでボロボロ泣いてしまって。
ストーリーも全貌が見えてきてしまったんですが、
実話をもとにしているということを差し引いても、
かなり胸に沁み入る物語であることは間違いないです~、きっと。

ジョニー・デップが、今までとは全然違います。
実生活で父親になって、本当に演技の幅が広がったなあと思うし、
今回のこの役は、おそらく父親になっていなければできなかったのでは。
そう思わされる、包容力のある穏やかないい表情をしています。

「タイタニック」のケイト・ウィンスレットも、なんだか綺麗になった感じ。
コスチューム物がとってもはまりますね。

子役の少年は、ジョニーがほれ込んで
次作「Charlie and the chocolate factory」にも抜擢したと聞いていましたが、
なんと「トゥー・ブラザーズ」の少年ではないですか!!
(気づくの遅すぎ?(^-^;))
「I see you, Sanga!!」の名子役ですよ。

予告だけでここまで泣いたのは初めてかもしれません。
ストーリーが良いうえに、役者一人一人がすごくいい表情をしていて、
とっても期待したい一本です。

|

« 「ターミナル」 | トップページ | 車両に不審な液体 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/2318845

この記事へのトラックバック一覧です: 「ネバーランド」に期待:

» ネバーランド [エンタメ!ブレイク?]
あの時を失わないためにある、 空想の隠れ家“ネバーランド” そこでは誰もが、いつ [続きを読む]

受信: 2004/12/21 05:22

« 「ターミナル」 | トップページ | 車両に不審な液体 »