« 「冬のソナタ」をピアノで | トップページ | ブロードウェイの「サウンド・オブ・ミュージック」 »

2004/12/15

J.K.ローリングの伝記本

ハリー・ポッター誕生―J.K.ローリングの半生

ハリー・ポッター誕生―J.K.ローリングの半生

もう出ているんです、ハリー・ポッターシリーズの作者の伝記。
シリーズすら完結していないのに・・・。
完結していないということは、その作品の評価もまだ正当にはできない。
ましてや、作者のことを評価するにも時期尚早なわけです。

けれど、知りたい。

そう、それに尽きるのです。
私はハリー・ポッターシリーズを読んでもいなければ、
映画にもそれほどはまっていません。(一応観ていますが)
しかし、原作本が発売される度におこる大騒ぎは知っています。

子供のみならず、大人までも夢中にさせる、作品の魅力。
ひいてはその作者の魅力を、垣間見たい。

そんな好奇心から、この本を手にしました。
いつもの通り、衝動買いというやつです。

これが、予想以上に面白いのです。

淡々と、あくまでも客観的に書こうとしているのがよくわかるのですが、
喫茶店で珈琲一杯でねばり続け、ペンを走らせたことや、
物語の着想をどこから得るか、それをどういう形にまとめるのか、
そういったことが事細かく書かれています。

もちろん、結婚・出産・離婚といった私生活にも触れられていますが、
こういった創作秘話が何よりも面白い。

そして、彼女の愛読してきた書物たちも登場します。

筆頭に上げられるのが、
ぼろぼろに擦り切れるまで読んでいるという「指輪物語」。
架空の世界を、まるで実在するかのように克明に描き出したトールキンと、
魔法の世界をリアルに生み出そうとするJ.K.ローリングには、
言われてみれば共通の精神を感じます。

J.K.ローリングにとっては、究極の憧れであったトールキンの「指輪物語」。
同じ時期に映画化されるなんて、どんな気持ちだったことでしょう。
その感激を思うと、それだけで目頭が熱くなってしまいました。

もう少しで読み終わりますが、
この本を読んでいて、たまらなくハリー・ポッターシリーズを読んでみたくなりました。
順序が逆なんですけど。


・・・で、また衝動買い(^-^;
まったくもう。

すぐに読む暇はないと思いますが、いつか読む日まで・・・。
(こういうのを「積ん読(つんどく)」と言います)

ああ、積まれたままの「指輪物語」も、うらめしげにこっちを見ています・・・(^^ゞ
ごめんなさい!絶対読みますから!!

ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版)

ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版)

|

« 「冬のソナタ」をピアノで | トップページ | ブロードウェイの「サウンド・オブ・ミュージック」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

トールキンの「指輪物語」は
大人になってからのわたしの大愛読書です
青春時代の「赤毛のアン」に匹敵します
そうですか
ハリーポッターの作者も「指輪物語」が好きなのですね
J.K.ローリングの伝記本に興味が湧いてきました

投稿: あけみ | 2004/12/16 05:59

>あけみさん

「指輪物語」、途中で止まってしまっている私です。
どうも、壮大な物語を読むのにはまとまった時間がほしいですね(^-^;)
「ハリー・ポッター」を買う前に「指輪物語」を読まなくちゃって迷ったんですけど、結局買ってしまいました。

いつの日か、比較しながらレビューできたら・・・なんて思いますけど、まだまだ先になりそうです(笑)。

とりあえず、J.K.ローリングの伝記はなかなか楽しめますよo(^-^)o

投稿: うっちー | 2004/12/16 23:38

うっちーさんのコメント見て、すごくJ.K.ローリングの伝記本が読みたくなりました。
けっこうハリポタ(主に原作)にはまってるんですよね。最初は全然期待しないで読んでたら
どんどんストーリーにひきこまれてしまいました。
特に3作目の「アズカバンの囚人」は夜も眠れないほど読みつくした記憶があります(笑)

その原作者の伝記本なんて、それだけで興味がわくのに
中身もおもしろそうなんて、即買いしちゃいそうです!

投稿: NAN | 2004/12/17 13:14

>NANさん

そういえばNANさんは、原作読まれているんですよね。
夜も眠れないほど・・・うーん、読みたくなるなぁ!!

ファンだったらかなり楽しめる内容なんじゃないでしょうか。

それにしてもamazonでハリポタの最新刊のレビューを読んでみたんですけど、
ほんと賛否両論になってきていますね。
☆1つとかもたくさんありました。
「不死鳥の騎士団」も読まれました?

いずれにせよ、話題になればなるだけ興味はわくものですね~。

投稿: うっちー | 2004/12/17 23:54

ハリポタはやっぱり意見分かれてそうですねぇ。
というか、私は賛否両論の作品(本も映画も)が好きな傾向があるかも(笑)

「不死鳥の騎士団」読みましたよ~
でも正直、「アズカバンの囚人」が良すぎてあまり入り込めなかったです(^^;
ハリポタはハリーが成長していく姿や、なにかブラックな心情などもあったりして、
普通のファンタジー系とは一線を画してるような気がしてすきなんです。

それにしても、ハリポタが出たときは大学生でバイト中に読んでたのに
今は通勤中の電車で読む社会人・・うーん、年とったなぁというかんじです(笑)

投稿: NAN | 2004/12/19 13:35

>NANさん

やっぱり原作も、「アズカバンの囚人」は良いですか~。
私は映画3作とも観てますが、アズカバンで初めて心底「面白い!」と思えました。
これから先が気になる、という感じ。

うーん、やっぱり読もう。

作者も「死がテーマになっていく」と言っているくらいですから、
もっともっとブラックな展開になっていくんですかね。
完結してからの評価が楽しみですね。

投稿: うっちー | 2004/12/19 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/2278959

この記事へのトラックバック一覧です: J.K.ローリングの伝記本:

« 「冬のソナタ」をピアノで | トップページ | ブロードウェイの「サウンド・オブ・ミュージック」 »