« 「CINEMA DIARY」少し改良? | トップページ | 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」 »

2004/10/31

「笑の大学」

期待通りの面白さでした。
もう、予告を観た瞬間から「これが面白くないはずがない」と思っていたんですよね。
ジャニーズ興味ナシの私ですが、稲垣吾郎はとても良かったです。
役所広司は歴史に残る名演。
1対1、ほぼ全編2人だけの密室劇です。

あらすじは、戦時中ということで劇の上演には検閲が必要な時代の、
喜劇作家・椿と検閲官・向坂の攻防です。
「笑」が命の椿と、「笑」を解さない向坂。
真剣な2人の戦いが、真剣であればあるほど面白い。

思っていた通り、笑えたけれど泣けました。

冒頭、喜劇を見て笑っている客席が映ります。
こういうショットは「ニュー・シネマ・パラダイス」にもありましたが、
まさに「古き良き時代」という感じで好きです。
そして、その画面と同じことがこちらの客席でもおこる。

そのシンクロ。
映画館ならではの、醍醐味です。

客席の反応は、とても良かった。
もう、全編みんな大笑いでした。気持ちいい。
残念ながら入りはあまり良くなかったけど(むしろガラガラ)、
もったいない!!と思いましたよ。
これは、誰もが文句なしに楽しめる映画だと思います。

今までの三谷幸喜監督作品の中でダントツ1位の面白さだ!
・・・・と思ったら、監督はしていないんですね。原作・脚本のみ。
スタッフはフジテレビチーム。
監督は、映画はデビューという星護。
「古畑任三郎」第1シーズンの中森明菜の回を撮った方だそう。
確かに、あの回は印象的な密室劇だったっけ。

三谷幸喜が譲らなかったというラストシーンは、非常に良かったです。
予想以上のラストでした。

それにしても、「笑」における「言葉」という要素のなんと大きなことか。
これをどう翻訳したら、海外に面白さを伝えられるのだろうと、
劇中何度も考えてしまいました。
・・・・と思ったら、ロシアでは公演されているらしいですね。
( ̄□ ̄;)!!

何はともあれ、この映画の命が脚本であることは疑いようがありません。
三谷幸喜の真骨頂という気がします。
ぜひぜひ、劇場に足を運んでみてください。

|

« 「CINEMA DIARY」少し改良? | トップページ | 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

うわ~。これはもう絶対行かねば!
役所さんは心配していませんでしたが、
ゴローちゃんはどうなの?と内心思っていたので。(^-^;)

投稿: かける | 2004/10/31 20:12

>かけるさん
これはもう、文句なしにオススメですよ~。
是非是非、映画館でご覧になって下さい。
稲垣吾郎は、すごく役に合っていましたよ。
スマスマなどのコントで鍛えられた部分も上手く生きていたと思います。
香取慎吾は裏目に出ている気がするんですけどね(^-^;)

映画館でこんなに笑ったのは初めてかもしれません。
役所さんは、本当に素晴らしい演技でした。

投稿: うっちー | 2004/10/31 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/1818459

この記事へのトラックバック一覧です: 「笑の大学」:

« 「CINEMA DIARY」少し改良? | トップページ | 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」 »