« 今年の風邪は | トップページ | 「ショコラ」再び »

2004/10/28

ジョニーの裏話

2,3日前にも紹介したジョニー・デップの伝記ですが、ちょっとずつ読み始めてます。
とは言え、洋書ですからなかなかスラスラとはいきません(^^ゞ
辞書ばっかりひいてると進まないので、わかりにくいところは飛ばしたりしてますが。

しかし、映画好きにはたまらない内容ですよ。
こんな私でも、映画の原題だけは結構覚えているのです。
まだ本編にも入らない、「INTRODUCTION」の部分で、
TVシリーズ「21ジャンプストリート」で一躍アイドルになったジョニーが、
いろんな映画のオファーを断って「シザーハンズ」を選ぶまでを概説してあります。

ティーンアイドルのイメージを払拭したかったジョニーは、
次々にくる映画のオファーを断り続けるのですが、
私が目を見張ったのはここに並ぶ映画の数々。
→の先が、ジョニーが断った役を実際に演じた俳優です。

「スピード」→キアヌ・リーブス

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」→トム・クルーズ

「ドラキュラ」→ゲイリー・オールドマン

「レジェンド・オブ・フォール」→ブラッド・ピット

「テルマ・アンド・ルイーズ」→ブラッド・ピット

「ロビン・フッド」→ケビン・コスナー

「チャーリー」→ロバート・ダウニー・ジュニア

なかなか壮観ではないですか。
もし「スピード」への出演をジョニーが承諾していたら、
キアヌ・リーブスというスターは生まれていなかったかもしれないわけですよ。
彼の出世作ですから。

「レジェンド・オブ・フォール」「テルマ・アンド・ルイーズ」
まだ観ていないのですが、
他はどれも結構好きな映画です。
「チャーリー」とは、チャールズ・チャップリンの伝記映画で、私も大好きな映画。
これへの出演はちょっと見てみたかったかも。
でも、ロバート・ダウニー・ジュニアがものすごい好演だったので、
やっぱり考えられないかな。

「ロビン・フッド」は少々中だるみする映画だったのですが、
ジョニーがやっていたらかなり若々しいロビンが見れたでしょうね。
これは今からでもやってほしいかも。

などなど、一人で妄想をふくらませていました(^-^;)
こういう、映画界の裏話なんかが大好きな私です。

それにしても、ついに選んだ「シザーハンズ」で、
俳優としてぐんと名を上げたジョニー。
とても良い映画でした。
選択は間違っていなかったわけですね。

その辺も、才能としか言いようがないです。

|

« 今年の風邪は | トップページ | 「ショコラ」再び »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/1798543

この記事へのトラックバック一覧です: ジョニーの裏話:

« 今年の風邪は | トップページ | 「ショコラ」再び »