« 憩いの本屋 | トップページ | 「トゥー・ブラザーズ」野生の美 »

2004/09/18

「バイオハザード2 アポカリプス」

akkyのたっての希望で鑑賞。
前作をすっかり忘れていましたが、まあそんなに複雑な話ではないので
観ているうちに思い出します。

普通に楽しめる映画でした。
でもゲームファンでなければ、あえて観るほどの映画でもないかも(^^ゞ
なんだか「ドーン・オブ・ザ・デッド」と重なるシーンも多々あり、
「ドーン~」はやっぱりすごかったなあ、と再確認させられました。
あれと比べると、怖くないです、もう全然。

怖いことで有名なゲーム「バイオハザード」シリーズですが、
映画のほうはもう、普通のアクション映画。
雑魚ゾンビをバンバン撃つところはゲームを彷彿。

でもなんだか脈絡のない展開もあったりで、ちょっと白けます。

ゲームのキャラでもあるジル・バレンタインの外見は
ゲームの映像にそっくりで笑えました。
あと、ミラ・ジョヴォヴィッチの肉体改造にはびっくり。

ゲームファンの子供を連れて行きたい映画。
アクションはなかなかすごいですが。

|

« 憩いの本屋 | トップページ | 「トゥー・ブラザーズ」野生の美 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/1478644

この記事へのトラックバック一覧です: 「バイオハザード2 アポカリプス」:

« 憩いの本屋 | トップページ | 「トゥー・ブラザーズ」野生の美 »