« 「ソロギターのしらべ ~スタジオジブリ編~」 | トップページ | 泣きたい夜に »

2004/06/08

及川光博は「歌手」ですよ!

私は及川光博の大ファンですが、最近ドラマや映画の露出が多いせいで
彼が「歌手」であることを知らない人が多いですね。
作詞・作曲も自ら手がける、れっきとしたシンガーソングライターなのです。
そして私が好きなのは歌手としてのみっちーです。

なんだか色物扱いされることが多く、身近な人にもバカにされます。
でもね、聴かないで否定するのはやめてほしいです(-o-;)
関心を持たないのは構いませんが罵倒するのは止めてくださいね~。

そこで6月9日発売、ニューアルバム「ヒカリモノ」です。
本日、フライングGET。
これが、思った以上に良いアルバムでした。

私はいつもみっちーのアルバムに関しては、まず歌詞カードを全部読みます。
そしてCDを聴きながら、歌詞カードをまた目で追っていきます。
発売日に待ちきれなくて、こんなに真剣に曲を聴くアーティストは今やみっちーだけ。
この年になって、ここまで夢中になれるアーティストがいることを、
しみじみ幸せだなあ~と感じています。

わかる人にはわかる初期の3部作。
あれ以来出したアルバムの中では、私は一番好きかもしれません。
”君がスキでスキでスキで”という恋の幸せの絶頂を歌う「恋のヒゲキ」に始まり、
”痛みも夢も連れていこう”という愛の覚悟を歌う「初愛」に至る、その過程。
かねがね「初恋という言葉があるのになぜ初愛という言葉はないのだろう」
と言っていた彼が自分なりに答えを探したアルバムですね。
聞き込み甲斐がありそうです。

もちろん「恋のヒゲキ」などは曲だけでも名曲。
聴いているだけで踊りだしてしまいます。
(「マンハッタン・ラブストーリー」のテイストですね)
私のイチオシは「プラネタリウム」
とても優しい曲で、聴いているだけで涙が出そうなメロディーです。
アルバムの中では逆説的な意味を持つ「セックスフレンド」は、
とにかく曲がかっこいい。
是非是非、ライブハウスでやってほしい曲です。

最近みっちーに興味を持った人にもオススメできるアルバムです。
初期の頃の曲に比べると中年男の色気が出てきていますけどね(^^ゞ
そりゃもう、みっちーも今年で35歳ですから・・・。

及川光博の魅力の一つは、
自分の中の葛藤をファンの前にさらけだしてしまうところです。
賛否両論あるのですが、私はそういう人間臭いところがとても好きですね。
アルバムにも、そのときのみっちーの心情があらわになっていることが多いです。
是非是非、興味を持ったら聴いてみてくださいね。

|

« 「ソロギターのしらべ ~スタジオジブリ編~」 | トップページ | 泣きたい夜に »

及川光博」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33616/736168

この記事へのトラックバック一覧です: 及川光博は「歌手」ですよ!:

» 及川光博 [J-POP FAN]
うっちーの SPECIAL DAYS!!: 及川光博は「歌手」ですよ! ヒカリモノいいみたいですね。... [続きを読む]

受信: 2004/06/17 12:48

« 「ソロギターのしらべ ~スタジオジブリ編~」 | トップページ | 泣きたい夜に »