« 2003年2月 | トップページ | 2003年4月 »

2003年3月の記事

2003/03/31

「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」

観てきちゃいました(^^ゞ 実は近所の映画館がポイントカード廃止してしまって、ちょっと遠くてもお得なところを探していたのですが、昨日行ったところがお手ごろで。入会時のポイントで今日はただで観れてしまいました。この日記で宣言したとおり、童心に返ってきました!!

映画館でドラえもん見るなんて20年ぶりくらいかもしれません。入り口で貰った「あおいでドラ」はとてもよくできています。ネジを回すと、ドラえもんが団扇で扇いでくれます。あまり涼しくありませんが(笑)。上映前の会場で、響き渡るネジの音と笑い声。ああ、なんて平和なんだ・・・と心和みました。ちなみに私のところ以外、皆子供連れでした。

同時上映はパーマン。これも懐かしかった。変わらない主題歌が流れ、「原作:藤子・F・不二雄」と出た瞬間に涙が出てしまったー。そして子供たちの反応がまた新鮮。なんて素直なんだろう。私も心置きなく、同じところで笑うことができましたo(^-^)o藤子さんが亡くなって、やはり昔の作品と比べると思うところは色々あるものの、基本はきっちり受け継いで頑張っているスタッフたちに、拍手を送りたくなりました。
これから毎年観に行こうかな、とちょっと思ってます。

映画のあとは串揚げのお店を発見し、直行。食べ放題で好きな串を選び、テーブルで自分で揚げられるお店です。この形式のお店はずっと行きたいと思っていて、たまたま見つけて入ってみました。そんなに食べられるかな・・・と思っていましたが、ごはん2杯に串揚げは20本近く、デザートや果物、サラダまで堪能して大満足。意外と入るものですね。

帰宅したら「あおいでドラ」をさっそく飾りました。これを見る度に、忘れそうな気持ちを思い出せたらいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2003/03/30

「戦場のピアニスト」

観て来ました。ホロコーストの中で運良く生き延びたピアニストの話。この運良く、というところがポイントで、なにか特別なことを主人公がするわけではない。ただ淡々と、事実だけが描かれていく、そんな映画でした。あえて言うなら生への希望、執着、主人公を生かしたものはそれに尽きるのだと思います。

レイトショーで観て、食事して帰って午前二時ごろから家で「シンドラーのリスト」を観なおしてしまいました。映画を観ている最中から、何度もこの映画を思い出し、比較している自分がいたので・・・。

ほとんど同じ時代、同じ場所を書いています。何が違うかと言えば視点です。パンフにもあるように「シンドラーのリスト」はその時代を大きく広い目で捉えている。さらに言えば、観客はシンドラーの視点から時代を覗くのではなく、第三者としてシンドラーを眺められるように作られていて、そこにはスピルバーグ監督自身の思いや解釈も入っている。事実だけではなく、映画的解釈を加えて、原作よりはちょっと美化している印象がありました。それは監督の個性であり主張でもあるはずなので、(叩かれたりもしましたが)私はちっとも悪いことだとは思いません。

「戦場のピアニスト」にはそういう要素が全くない。ただただ、事実だけを並べていく。それだけに、ややもすると映画にしてはぶつ切りの感もあります。しかし、主人公の視点だけで描かれる世界は非常にリアルで、胸に迫ってくるものがありました。ロマン・ポランスキー監督は極力、主観が入らないように努力したそうですが、その目的はほぼ完全に達成されたと思います。

全体の感想としては、ナチスのひどさというよりは、人間の恐ろしさを考えさせられました。映画には親切なドイツ人も、あくどいユダヤ人も、いいポーランド人も嫌なポーランド人も出てきます。結局人間というものは、優越感で自分自身の存在価値を確かめる部分がある。それは私たち皆の中に必ず潜んでいるもので、それが戦争という特殊な事態になったときにどう現れるか、わからない。私には、自分が絶対にナチスにならないという自信はありません。この世に絶対的な善と悪が明確に存在するのならともかく、善と悪は相対的なものだと思うから。

ナチスのユダヤ人迫害と、日本で浮浪者を襲う若者と、一体どれだけの差があるのだろう、と考え込んでしまった夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/03/26

春爛漫!!

あったかい一日でしたね~o(^-^)oこういう季節の変わり目が大好きな私です。わくわくします。でも明日の四時半起きは辛い・・・週の後半にいつも忙しさが集中します。今日も残業だったし、月・火の暇さ加減が嘘のよう。

今日は残業の後、会社の人と讃岐うどんを食べて帰りました。おいしかったー。最近、よくテレビでもやっている100円セルフのお店。かけうどんが100円で、そこに好きなトッピングを載せていく感じ。いつも行列ができているので横目で見て通り過ぎてましたが、「並ぼうよ~」と言われて、並んでみました。

立ち食いではないけど回転が速いので、意外とそんなに待たないですむ!!ちょっと意外なくらい、早く入れました。そして意外なくらい、おいしかった。四国の人が「これぞ讃岐うどん!!」というくらいだから、本物なのでしょう(^-^)゛私はカレーうどんに生卵をのせたものにしました。こしが違う!ほんと美味しかったです。

おいしいものを食べた日は機嫌が良くなります。そんな単純な自分が好きです(笑)。そして近所に新しくできた焼き鳥屋さんを発見し、またまたご機嫌で帰ってきたのでした。週末に行ってみようっと。

小学生みたいな日記ですみません・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/03/25

時間は駆け足で・・・

今日は会社は暇も暇、朝の9時くらいに仕事が終わってしまい、ほとんどフリータイムなまま定時を迎えました。忙しいときと暇な時の落差が激しすぎます。もっとばらけてくれればいいのに・・・そうもいかないのですね。

仕事がないときは何をしててもいいのがうちの職場のいいところ。さすがに、踊ったり歌ったりは人目が気になるのでできませんが、基本的に自分の席で待機していれば何をしてても文句は言われません。まあ、大体みんな(私も含めて)読書してます。手紙を書いたりしてる人もいるし、もちろんネットもOK。昨日はアカデミー賞チェックで忙しかったのですが(笑)、今日はシナリオの課題をやっとすすめましたー。

日頃、頭の中でいろいろとこねくりまわしていた構想を、やっとハコ書きっぽいところまで持ってきました。あとは書くだけ。ここからは早いはず、家に帰ったらぱぱーっと・・・

そう簡単にはいきませんね(^^ゞ 真面目に自炊して、後片付けして、お風呂入って、メールチェックだのしてるといつの間にかこんな時間に。ああ、早すぎる・・・体のためにも11時には布団に入って6時間睡眠を確保しようと心がけているものの、なかなか理想どおりにはいってくれません。でも今から少し頑張ります。睡眠確保しようと思ってるあたりが甘いんだと思いますが、会社に所属してるとあんまり睡眠不足で行って居眠りなんかしたら困りますもんね(←経験者)。

最近は朝少し早めに出て、会社の近くでモーニングコーヒーをとっています。30分弱かな。その時間を有効に使おうと心がけてはいるのですが、リラックスする程度で終わってしまうこと多数・・・。電車の中の時間ももっと使えるはずなんですが、さすがに人目が気になるのは私だけでしょうか?書いてるものを見知らぬ人にのぞかれたらと思うと恥ずかしくてたまりません(^-^)゛だから寝るか本を読むかになってしまいます・・・

そして週末は出かけるから。まったくもう。ちょっと本気で、やり方考えようと思います。

今日はちょっとだけ掲示板をいじりました。遅くなったのは多少そのせいも・・・壁紙変えるだけで四苦八苦してしまいました。画像を用意してアドレス入力したのになんで表示されないの?と思ったら、FTPでアップロードするの忘れてましたー。こんな管理人ですみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/03/23

反戦メッセージ

やたら目に付くようになりますよね、いざ始まると。全然、悪いことじゃないと思いますが、戦争になって初めて騒がれてもなかなか説得力がない。ジョン・レノンのような人なら別ですが。

その中でも及川光博氏のパフォーマンスは胸に迫ってくるものがあるのです。はい、そりゃ贔屓目かもしれないですけど、読みたくない方は読まないで下さい(笑)。

今回のツアーには、毎回みっちーの作った詩を朗読するコーナーがあるのですがその中の一つにこんなのがあります。
これは、戦争が始まる少し前の公演で読まれたものでした。

「戦争になったら」

もしも明日戦争になったら 
僕はやっぱり君といたい
どこにも出かけず テレビもつけず
デモも起こさず 誰のせいにもしないで
ただ君といて
一緒にお風呂に入ったり 懐かしい歌を歌ったり 
ゴロゴロしたい

君がいなくなった今でも
そう思ってる


まあ、普通に読んだら反戦の詩というよりは恋愛の詩ですね。「君がいなくなった」というのは、別れたのか、それとも死んでしまったのか、とファンなら真剣に想像する詩なわけです。毎回、違う詩を読んでいたみっちーが、戦争が始まってから初めてこの詩を別の会場でも朗読しました。

不謹慎だと思う方もいることでしょう。しかし私は、むしろ「戦争反対!!」のメッセージより、深く強く迫ってくるものがこの詩にはあると思ったのです。政治的なこと、国と国との関係、そんなこと多くの一般人が毎日考えながら暮らしているわけではない。むしろ日常生活の中で、戦争が始まったら一体自分たちはどうなるのか、そんな中での純粋な反戦の気持ちがにじみ出ている気がしたのです。

戦争映画でもそうですが、戦争そのものを映すよりも残された家族や友人を映すことで、戦争の悲惨さを伝えることもできる、むしろその方が切実に胸に迫ってくるということもあります。自分のフィールドの中で、「戦争が起ころうと肉親が亡くなろうと、show must go on。僕は今夜も精一杯かぶきます」と言い切る及川光博は本当にプロだなあ、とつくづく思ったのでした。「無責任なことはいえないけど作品を通して伝えたいことを届けたい」アーティストとして当然のことかもしれませんが、こういうときのみっちーの歌声は鳥肌が立つほどすごいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/03/22

「ソロ・ギターのしらべ」へ!!

ここ最近、ずっと同じ曲ばかり、
しかも毎日ちょっとずつしか弾けませんでした。
新しい曲にチャレンジするには
私の場合、まとまった時間と気力が必要で(^^ゞ
というわけで三連休、しかも久々に予定なし!!ということで、
新曲に手をのばすことにしました。

「ソロ・ギターのしらべ」より、「LET IT BE」。
難易度がA(一番易しい)というのが大前提で、
DVDにも収録されているということで安易にこれにしました。
もちろん、好きな曲でもあるんですけどね。

好きな曲といえば「カヴァティーナ」。
映画「ディア・ハンター」のテーマ曲なので
ご存知の方も多いでしょう。
映画も大好き、この曲も大好きで、この一曲のためだけに
「クラシック・ギターのしらべ」(リットーミュージック・2000円)を
買ってしまいました。

少しチャレンジして敢え無く挫折・・・
先のために大切にとっておきます・・・。
ところでクラシック・ギターの譜面って、
アコギでも問題なく使えるんでしょうか?
やっぱり無理な指使いとかあるのかな?

というわけで「LET IT BE」、
ゆーっくりゆっくり、繰り返し弾いております。
もちろんDVDを見直して。
譜面に指使いが載ってないとこんなに苦労するものなんですね。
(すみません、今まで私が弾いていたのは載ってたんです)
こりゃあ、DVDがなかったら
さらに苦労しただろうな、と思いました。
まだまだ曲っぽくなってきませんが、
すこーしずつ弾けるようになっていくだろうと、
とにかく繰り返し弾いています。
指先が痛くなるまで練習したのも久々でした。

なかなか、ハンマリングではっきりした音が出ませんが・・・
そのうち、と思って頑張ってます。
継続は力なり、と信じて。
とりあえず譜面を追って一通り弾けるようになると、
平日でも弾こうと思えるようになることでしょう(^-^)゛
頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ソロ・ギターのしらべ」へ!!

ここ最近、ずっと同じ曲ばかり、
しかも毎日ちょっとずつしか弾けませんでした。
新しい曲にチャレンジするには
私の場合、まとまった時間と気力が必要で(^^ゞ
というわけで三連休、しかも久々に予定なし!!ということで、
新曲に手をのばすことにしました。

「ソロ・ギターのしらべ」より、「LET IT BE」。
難易度がA(一番易しい)というのが大前提で、
DVDにも収録されているということで安易にこれにしました。
もちろん、好きな曲でもあるんですけどね。

好きな曲といえば「カヴァティーナ」。
映画「ディア・ハンター」のテーマ曲なので
ご存知の方も多いでしょう。
映画も大好き、この曲も大好きで、この一曲のためだけに
「クラシック・ギターのしらべ」(リットーミュージック・2000円)を
買ってしまいました。

少しチャレンジして敢え無く挫折・・・
先のために大切にとっておきます・・・。
ところでクラシック・ギターの譜面って、
アコギでも問題なく使えるんでしょうか?
やっぱり無理な指使いとかあるのかな?

というわけで「LET IT BE」、
ゆーっくりゆっくり、繰り返し弾いております。
もちろんDVDを見直して。
譜面に指使いが載ってないとこんなに苦労するものなんですね。
(すみません、今まで私が弾いていたのは載ってたんです)
こりゃあ、DVDがなかったら
さらに苦労しただろうな、と思いました。
まだまだ曲っぽくなってきませんが、
すこーしずつ弾けるようになっていくだろうと、
とにかく繰り返し弾いています。
指先が痛くなるまで練習したのも久々でした。

なかなか、ハンマリングではっきりした音が出ませんが・・・
そのうち、と思って頑張ってます。
継続は力なり、と信じて。
とりあえず譜面を追って一通り弾けるようになると、
平日でも弾こうと思えるようになることでしょう(^-^)゛
頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/03/20

戦争開始

ああ、また日記をさぼってしまった・・・

今、ここに戦争についてつらつらと書いてみましたが収拾がつかないのでやめました。

そこで一言。日本の平和主義ってなんでしょうね。憲法9条ってなんでしょう。戦争を放棄した国が戦争を支持するってどういうことでしょうね。

昔は戦争なんて絶対反対、と思っていました。今でもそれは基本的には変わりませんが、現実問題、武力を全ての国が放棄するなんて考えられないわけで。そうなると、武力を持たない国は常におびえていなければならない。北朝鮮問題もある中、正直、アメリカがいなかったら日本はどうなるのだろうとおもうわけです。アメリカに真っ向から反対するなんて無理でしょう。となると、主体性を持って行動するには武力が必要なのではないか・・・という考え方にもなってしまいます。

湾岸戦争の頃から思っていたのは、いい加減、憲法を見直したらどうかということ。いつまでもあんな古いままで変に解釈をつけようとするからスタンスがはっきりしないのではないか、と思うのですね。日本は中途半端だと思います。まあ、その憲法にしてもアメリカが作ったようなものなわけで。

私たちって・・・何者なんだろう、とか思ってしまいました。

日本もそろそろ、大きな岐路に立っているのではないでしょうか。なんだかちょっと、恐ろしい気分にもなる今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/03/11

藤堂志津子「われら冷たき闇に」

今日は仕事がこなくて結構、読書のできる一日でした。そういう職場なのです(^-^)゛

というわけで一冊読み終えてしまったのですが・・・ラスト、涙をこらえるのが大変でした。藤堂さんは大好きな作家でほぼ全作品読んでいますが、恋愛物が多い中で、これは一味違った重いテーマを扱っています。一見どこから見ても幸せな家庭。そこに潜む闇。他人には絶対に理解できない。なぜなら、悪人がいないから。しかし、善意が闇を作り上げてしまうことも、往々にしてあるのだと。

悪人がいない物語、それを成立させるのはなかなか難しい。正義があって悪があるほうが、読む方もわかりやすい。でも、現実にはどうだろう?悪意の塊の人間なんて、そうそういないんじゃないでしょうか。私は、どちらかというと性善説に賛同するタイプなのでそう思います。だから、映画でも最初から最後まで悪、という人物が出てくるとそれだけでつまらない。「グリーンマイル」なんかがそうでした。後味が悪いし、リアリティがない。誰にでも良心の欠片はあるんじゃないかと思ってしまう。

その点、藤堂さんはすごい。この方の小説は、小説でしか表せない世界を描いています。映像化するとしたら、すごく難しい。そういう機微を描いている。この小説は、現代の家庭に起こる様々な事件を考えてみるのにも参考になると思います。「まさかあの人が・・・」殺人事件なんかが起きた時、必ず近所の人がこう言ったりしますが、理由はいろいろあるのでしょう。外からは全く見えない事情も。とにかく、いろいろなことを考えさせられました。

ところでシナリオ本科の第一回の課題「ハンカチ」、まだ書けません(T_T)あせらず、ゆっくり考えようとは思ってますが・・・いやー、やっぱり難しいものですね。特に小道具に意味を持たせるって言うのは。毎日毎日、ハンカチで頭がいっぱいの日々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/03/08

春に向けて♪

今日は朝4時半起きで仕事だった甲斐があって、早くあがれました。というわけで、突然思い立って美容院へ。明日は仙台ライブだし。前回髪を切りに行ってから一ヶ月も経ってないんですけど・・・

でも、女性の方ならわかると思いますが、美容院って結構癒しの場ですよね。シャンプーは気持ちいいし、マッサージはしてくれるし、ドリンクも出してくれる。なんだかお姫様気分(言い過ぎか)。でも今回、別にまだカットも考えてないしなあ・・・と、急遽カラーリングをしてしまいました。なんだかかるーくなりました。うじゃうじゃいる茶髪は避けたかったので、すこーし明るめのナチュラルカラーで。

カットもいろいろ提案してくれて、なんだか思っていたよりかなりイメチェンできてしまいました。すごくいい気分(^-^)゛ところでイメチェンって単語は、今でも使うのだろうか・・・

おすすめのスタイリング剤も買ってしまい、しめて13000円。いやー、ストレスたまると散財してしまいますね。仕事のストレスからは逃れられないからなー。胃をこわしていた一時期にくらべればましですが。過食に走ってないだけ、よしとしよう!

なんか、最近どうでもいいことばっかり書いてるような。
仕事漬けの毎日なんです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/03/05

ダイエット・・・!!

こんなの日記に公開する事でもないんですが(^^ゞ デスクワークを続けてると、体型が崩れてきます。体重は変わってないからついつい安心して、ある日気付くと・・・「あれ?このお腹には何かいるの?」って感じに。というわけで腹筋の日々です~。続けます、今度こそ・・・とプレッシャーを自分にかけてみました。

昔はダイエット特集の雑誌とか良く買ってたなあ。高校~大学くらい。髪型ひとつにすごい時間かけたり。今じゃそんな時間あったら寝ていたい、だもんな。いけません。歳をとったらなおさら時間かけないと。と、自分に言い聞かせる毎日。化粧を落とさずに寝たりした日には、もろ次の日の肌がボロボロですからね。

みっちーライブに行くとコーラスの女性は細い細い。それがまた刺激になります。というわけでつまりはライブに引っ張られてる毎日なわけですね。あー、駄目人間な気がしてきた・・・でも今日、また追加ライブの先行申込をした私でした(^-^)゛許してください、乙女心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/03/03

及川光博 最前列!!

そう、最前列でした。3月2日(日)、栃木。気付いたら私、HPかなりほったらかしですね(^^ゞ すみません。いやあ、それくらい駆け足で日が経っていく・・・余韻が抜けないんですよ。

まあ、ここに浮かれた記録を残してもしょうがないのですが、目の前で見ると、もうこの世のものとは思えないかっこよさでした。見た目はもちろん、歌も、ダンスも、物腰も。そして客席との一体感。あんなに客席と誠実に会話をする人はいないでしょうね。ただ、目の前で微笑みかけられても緊張してしまい、身動きすらできなくなってしまいます。「きゃー!!」とかいって手を伸ばしたりすれば良かった・・・なんて後悔したり。先週の8列目の方が全然、ハジけてました(^-^)゛

余韻が強すぎて、今日は会社でもぼーっとしがち。他のことが手につかないのは困りものですが、これも期間限定ということで。お許しを・・・

栃木は、土曜日から一泊して観光も楽しみました。中禅寺湖のあたりは雪景色!!なんか、まさに「トンネルを抜けると、そこは雪国だった」の世界で感動。すごい勢いで降り続ける雪の中でタイヤにチェーンを巻き始める友人。傘を差し掛ける私。そして小一時間・・・寒かった!!

でもそんな雪の中の滝を見てみたくなって、華厳の滝まで行ってしまいました。すべて行き当たりばったりだったのですが、この滝がもう素晴らしかった!流れのまま凍っている滝もあって、そんなの見たのも初めてで。静かな雪景色の厳しい寒さの中、激しく流れ落ちる滝の音はなにか荘厳なものを感じさせました。

すばらしい一泊旅行でしたo(^-^)o
そして課題はまだ手つかずです・・・(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年2月 | トップページ | 2003年4月 »